お問い合わせ

メールを受信できない(550 sorry, we don't allow this mail.)

質問

特定ドメインから送信されるメールを受信できません。リターンメールには、エラーメッセージ「550 sorry, we don't allow this mail.」が記載されています。原因と対処方法を教えてください。

 

 

回答

 「550 sorry, we don't allow this mail.」は、DMARC認証に失敗したことを示します。
DMARC認証とは、なりすましメール対策として有効な、SPF認証及びDKIM認証の結果に基づきメールを処理する機能です。
SPF認証DKIM認証の両方に失敗し、かつ送信元ドメインのDMARCポリシーに「受信拒否(reject)」が設定されている場合、このエラーが発生します。

対処方法として、以下いずれかの方法をご検討ください。

  1. 送信者アドレスをMailGatesの許可送信者へ登録いただく
  2. 受信側でDMARC認証を無効化していただく
  3. メーリングリストを経由して受信している場合は、直接受信するようにしていただく

 

 

送信者アドレスをMailGatesの許可送信者へ登録いただく

許可送信者の設定は、DMARC認証よりも優先されます。
そのため、DMARC認証で拒否されたメールのEnvelope-FromアドレスをMailGatesの許可送信者へ登録いただくことで、該当の送信者から送信されたメールを拒否せずに、正常メールとして受信することができます。

設定方法は以下の通りです。

  1. 管理者アカウントでMailGatesにログインします。
  2. 管理者モード > スパムメール管理 > 許可・拒否設定 > 許可送信者 へ移動し、該当の送信者アドレスを登録します。
    ※ヘッダーFromではなくEnvelope-Fromを登録する必要がございます。
     Envelope-fromがご不明な場合はログから確認いたしますのでお問合せください。 

 

 

 

受信側でDMARC認証を無効化していただく

設定方法は以下の通りです。

  1. 管理者アカウントでMailGatesにログインします。
  2. 管理者モード > スパムメール管理 > フィルタリング設定 へ移動し、「DMARC認証」を「無効」に変更します。
    mceclip0.png

 

※DMARC認証を無効化した場合の影響について

  • 該当ドメインの全アカウントに対して反映されます。
  • DMARC認証に失敗したメールが拒否されなくなります。DMARC認証により拒否されなくなったメールも、アンチスパムエンジンによるスパム判定は行われます。

 

 

メーリングリストを経由して受信している場合は、直接受信するようにしていただく

外部のメーリングリストや自動転送を経由して受信している場合は、
ヘッダーFromのドメインのDMARCレコードの記載と、送信元メールサーバが異なることで
DMARC認証に失敗する可能性があります。

可能であれば、送信元の方からメーリングリストを経由せずに、直接CYBERMAIL Σのメールアドレスに送信するようご調整ください。

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています