お問い合わせ

ZIP暗号化送信と添付リンク送信を使い分ける

本記事では、特定の条件に合致したメールをZIP暗号化で送信し、それ以外のメールを添付リンクで送信する設定例を記載しています。

 

 

設定例

  1. 宛先によって、ZIP暗号化送信と添付リンク送信を使い分ける
  2. メールサイズによって、ZIP暗号化送信と添付リンク送信を使い分ける
  3. 件名頭の文字列によって、ZIP暗号化送信と添付リンク送信を使い分ける

 

 

1. 宛先によって、ZIP暗号化送信と添付リンク送信を使い分ける

以下2通りの方法がございます。

メール審査を使用する方法

・他の審査ルールと組み合わせることで送信者アドレスによる
除外設定が可能です。(設定方法はこちら

・受信側の解凍ソフトがUTF-8に対応していない場合は、
ZIPファイル解凍時にファイル名が文字化けする可能性が
あります。

・パスワードの文字数やファイル拡張子(ZIP暗号化)、
ダウンロード期間(添付リンク)の変更はできません。

左メニュー「ZIP暗号化」「添付リンク管理」を使用する方法

送信者アドレスによる除外設定はできません。

 

メール審査を使用する方法

例として、「user@example.co.jp」と「*@example2.co.jp」宛てのメールをZIP暗号化で送信し、それ以外の宛先へのメールを添付リンクで送信します。

  1.  左メニューの「ZIP 暗号化設定」と「添付リンク管理」を無効化します。
    mceclip5.png
    mceclip34.png

  2. 審査ルールを2つ作成します。
    mceclip33.png
    ※ルール①とルール②の「一致した際の実行動作」は交換しても問題ありません。

    ◆1つ目のルール
    mceclip31.png
    「受信者」にはメールアドレスまたは*@ドメインを入力してください。
    追加のアドレスがある場合はプラスボタンから新しい行を追加して条件を設定してください。
    user@example.co.jp
    *@example2.co.jp

     

    ◆2つ目のルール

    mceclip32.png

    「受信者」(または「送信者」でも可)には以下の値を入力してください。

    *@*
    *@お客様ドメイン でも可 ※「送信者」を選択した場合

 

 

左メニュー「ZIP暗号化」「添付リンク管理」を使用する方法

例として、「user@example.co.jp」と「*@example2.co.jp」宛てのメールをZIP暗号化で送信し、それ以外の宛先へのメールを添付リンクで送信します。

  1. 管理者モード > 暗号化 > ZIP 暗号化 へ移動し、「ZIP 暗号化設定」を「有効」にします。

  2. 「特定の送信者・受信者のメールアドレス」にチェックを入れ、「受信者メールアドレス」に対象のメールアドレスを入力し、「保存」をクリックします。
    mceclip0.png

  3. 管理者モード > 添付リンク管理 > ルール設定 へ移動し、「添付リンク機能」を「有効」にします。

  4. 「特定の送信者・受信者のメールアドレス」にチェックを入れ、以下の通り設定します。
    ※「受信者メールアドレス(除外)」に2.で「受信者メールアドレス」に指定したメールアドレスを入力します。
    mceclip1.png

 

 

 

2. メールサイズによって、ZIP暗号化送信と添付リンク送信を使い分ける

一定サイズ以上の添付ファイル付きメールを添付リンクで送信し、一定サイズ以下の添付ファイル付きメールをZIP暗号化で送信することが可能です。

※受信側の解凍ソフトがUTF-8に対応していない場合は、ZIPファイル解凍時にファイル名が文字化けする可能性があります。
※パスワードの文字数やファイル拡張子(ZIP暗号化)、ダウンロード期間(添付リンク)の変更はできません。

  1.  左メニューの「ZIP 暗号化設定」と「添付リンク管理」を無効化します。
    mceclip5.png
    mceclip34.png

  2. 審査ルールを2つ作成します。※審査ルールは上から順に処理されます。
    例として、10MBを超える添付ファイルを添付リンクで送信し、10MB未満の添付ファイルをZIP暗号化で送信します。
    mceclip2.png

    ◆1つ目のルール
    mceclip3.png

    ◆2つ目のルール
    mceclip4.png
    「送信者」(または「受信者」でも可)には以下の値を入力してください。
    *@お客様ドメイン  ※「送信者」を選択した場合
    *@* でも可

 

 

 

3. 件名頭の文字列によって、ZIP暗号化送信と添付リンク送信を使い分ける

例として、件名が[zip]から始まるメールはZIP暗号化し、[link]から始まるメールは添付リンク送信します。

  1. 管理者モード > 暗号化 > ZIP 暗号化 へ移動し、ZIP暗号化設定を「有効」にします。

  2. 「特定文字列が件名の最初に一致する」にチェックを入れ、「[zip]」を入力し保存します。
    mceclip2.png

  3. 管理者モード > 添付リンク管理 > ルール設定 へ移動し、添付リンク機能を「有効」にします。

  4. 「特定文字列が件名の最初に一致する」にチェックを入れ、「[link]」を入力し保存します。
    mceclip3.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています