【CYBERMAIL Σ・他】メール審査でのZIP暗号化送信の文字コード変更

本記事では、MailGatesの「メール審査」機能においてZIP暗号化送信を行う際の文字コードを変更する場合に必要な手順について説明しています。

  1. 文字コードの変更について
  2. 対象のお客様
  3. 申請方法

 

 

 

文字コードの変更について

メール審査機能で暗号化送信を行った場合、デフォルトではUTF-8でファイル名をエンコードします。そのため受信側の解凍ソフトがUTF-8に対応していない場合、ZIPファイル解凍時にファイル名の文字化けが発生することがあります。

対処方法として、受信側でUTF-8に対応した解凍ソフトをご利用いただく(Windows10の標準エクスプローラ、7-Zipなど)、もしくは本記事に沿って文字コードの変更を弊社へご依頼ください。

mceclip0.png

 

 

 

対象のお客様

  • CYBERMAIL Σ のオプション「誤送信対策&審査機能」をご契約のお客様
  • MAILGATES Σ のオプション「誤送信対策&審査機能」をご契約のお客様
  • Cloud Mail SECURITYSUITE 下記プランをご契約のお客様
    Compact / Basic / Standard / Premium
    送信対策 / 送受信対策 / ビジネス / エンタープライズ
  • 損保セキュアメールをご契約のお客様

 

 

 

申請方法

本サポートシステムの[新規問い合わせを作成]より、以下の内容でご連絡ください。

件名 依頼:ZIP暗号化送信の文字コード変更依頼
説明

以下の内容を記載してください。

  • 対象ドメイン
  • ご希望の作業日(平日9~17時半)
  • ZIP暗号化送信されている審査ルール名

※必ずしもご希望の作業日に沿えない可能性がございます。あらかじめご了承ください。

分類

変更・作業依頼や利用申請

※本設定は審査ルール毎に必要です。

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています