お問い合わせ

MailBase - Microsoft 365 連携設定

本記事は、Microsoft 365をご利用のお客様向けに、Microsoft 365で送受信したメールをMailBaseにアーカイブするための設定について説明しています。

 

本設定の目的

Microsoft 365で送受信したメールをMailBaseにジャーナルレポートとして送信するための設定です。
本設定を行うことで、Microsoft 365で送受信したメールをMailBase上で検索・閲覧できるようになります。

 

 

本設定が必要なお客様

Microsoft 365 をご利用で、以下いずれかに該当するお客様は、本設定が必要です。

  1. MAILBASE Σをご契約のお客様
  2. Cloud Mail SECURITYSUITE for Office 365 & G Suite の BasicStandardPremium のいずれかをご利用のお客様
  3. EMERGENCYMAIL for Office 365 & G Suite の過去メール閲覧オプションをご契約のお客様

 

 

設定方法

  1. 開通通知書に記載されている「ジャーナルレポート送信先」を確認します。
    mceclip6.png

  2. 管理者権限を持つアカウントでMicrosoft 365へログインします。

  3. 「管理」をクリックします。
    mceclip0.png

  4. [管理センター]-[Exchange]をクリックします。
    mceclip0.png

  5. [コンプライアンス管理]-[ジャーナルルール]をクリックします。
    mceclip1.png

  6. 「アドレスを選択」をクリックします。
    mceclip2.png

  7. ジャーナルレポートの送信に失敗した場合に送信される配信不能レポートの通知先アドレスを指定します。Microsoft 365 上のメールアカウントを推奨します。
    ※ここで指定したメールアドレス宛てに送信されたメールはMailBaseへアーカイブされません。
    mceclip3.png

  8. 「+」ボタンをクリックします。
    mceclip4.png

  9. 以下の通り指定し、「保存」をクリックします。
    「ジャーナル レポートの送信先」には1.で確認した「ジャーナルレポート送信先」に記載されているメールアドレスを指定します。
    「メッセージの送信先または受信元が次の場合」には[すべてのメッセージに適用]を選択します。
    「以下のメッセージをジャーナリングします」には「すべてのメッセージ」を選択します。
    mceclip5.png

  10. 「はい」をクリックします。
    mceclip7.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています