MailBase - Google Workspace連携設定

本記事は、Google Workspaceをご利用のお客様向けに、Google Workspaceで送受信したメールをMailBaseにアーカイブするための設定について説明しています。
本設定実施後、Google Workspaceで送受信したメールがMailBaseにアーカイブされ、MailBase上で検索できるようになります。

 

 

本設定が必要なお客様

Google Workspace をご利用で、以下いずれかに該当するお客様は、本設定が必要です。

  1. MAILBASEΣをご契約のお客様
  2. Cloud Mail SECURITYSUITE Basic・Standard・Premium のいずれかをご契約のお客様
    Cloud Mail SECURITYSUITE の ビジネス・エンタープライズ・メールアーカイブ のいずれかをご利用のお客様
  3. EMERGENCYMAIL の過去メール閲覧オプションをご契約のお客様

 

 

 

設定方法

  1. Google Workspaceの管理コンソールへログインします。
    https://admin.google.com/

  2. [アプリ]-[Google Workspace]-[Gmail] をクリックします。

  3. [ホスト] をクリックします。
    mceclip0.png

  4. 「ルートを追加」より、以下の内容を設定します。
    ■名前:任意
    ■メールサーバーの指定「単一のホスト」「mtaspb.cybermail.jp」「25」
    mceclip1.png

  5. 「保存」をクリックします。保存後、以下のように表示されます。
    mceclip2.png

  6. [Gmailの設定]へ戻り、[ルーティング]をクリックします。
    mceclip3.png

  7. [ルーティング]の「設定」をクリックします。
    mceclip4.png

  8. 設定追加画面にて任意の名前を入力し、「1. 影響を受けるメール」にすべてチェックを入れます。
    mceclip5.png

  9. スクロールし「その他の配信先」「受信者を追加」にチェックを入れ「追加」をクリックします。
    mceclip6.png

  10. 以下の通り設定します。
    ①「詳細」を選択し、「ルートを変更」にチェックを入れます。
    ②「mtaspb.cybermail.jp」を選択します。
    ③以下のチェックを外します。
    「この受信者に迷惑メールを送信しない」
    「この受信者からのバウンスメールを送信元に送信しない」
    ④「保存」をクリックします。
    mceclip7.png

  11. 「保存」をクリックします。
    mceclip8.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています