お問い合わせ

スパム判定されたメールの処理方法について

本記事では、管理者モード > スパムメール管理 > メール処理 の各設定値の意味と動作について説明しています。
メール処理ではアンチスパムエンジン(CYREN社)にてスパム判定されたメールや、拒否設定に該当しスパム判定されたメールをどのように扱うかを設定します。

mceclip0.png

 

 

各設定値の意味

システムデフォルト値
削除
メールヘッダーを変更して通過させる
メール件名を変更して通過させる
個人隔離フォルダへ残す
ドメイン隔離フォルダへ残す

 

 

システムデフォルト値

個人隔離フォルダに残す」と同じ動作をします。

 

 

 

削除

スパム判定されたメールを削除します。誤判定があった場合に正常なメールが削除される可能性があるためご注意ください。
削除されたメールは「ログ閲覧」から送信者や件名を確認することができますが、本文や添付ファイルを確認することはできません。また、メールアーカイブ(MailBase)にも残りません。

 

 

 

メールヘッダーを変更して通過させる

スパム判定されたメールのヘッダーに任意のヘッダを追加・変更することができます。
メールヘッダは、一般ユーザの目に触れにくいため、ユーザ側では意識せずに管理者側でスパムメールであることを特徴づけることができます。

具体的な使用例としては、以下の通りです。

  • MailGatesの設定
    mceclip1.png

  • CyberMailの設定(環境設定 > 使用環境設定 > フィルタリング)
    mceclip2.png

    上記設定の場合、MailGatesでスパム判定されたメールがCYBERMAIL Σの迷惑メールフォルダに保存されるようになります。

    上記設定例の通り、「メールヘッダーを変更して通過させる」設定のみでは効果はありません。メールクライアントやCYBERMAIL Σ側のメールヘッダーを条件とした設定と併用していただく必要があります。

    ※CYBERMAIL Σのフィルタリング設定は各ユーザ毎の設定です。
    管理者側で一括設定することはできません。

 

 

 

メール件名を変更して通過させる

スパム判定されたメールの件名の一部を変更してCYBERMAIL Σのメールボックスまで通過させます。

設定例は以下の通りです。

mceclip3.png

上記設定の場合、CYBERMAIL Σでは以下のようなメールを受信します。

mceclip4.png

 

 

 

個人隔離フォルダに残す

スパム判定されたメールをCYBERMAIL Σのメールボックスまで配送せず、MailGates上の各ユーザごとの隔離フォルダに隔離します。隔離されたメールはユーザ自身または管理者で確認できます。



ユーザ自身で隔離されたメールを確認する場合

CYBERMAIL Σの画面右上のMailGatesのアイコンをクリックし、MailGatesへログインすると、隔離されたメールの一覧を確認できます。

mceclip0.png
mceclip6.png
→該当メールにチェックを入れ「送信」ボタンを押すと、CYBERMAIL Σのメールボックスまで配送されます。


管理者がユーザの隔離されたメールを確認する場合

管理者モード > ユーザ・グループ設定 > ユーザ切替 にて、受信者のアカウント名を入力し「切替」を押すと、該当ユーザが受信した隔離メールの一覧を確認できます。

mceclip0.png

 

 

 

ドメイン隔離フォルダに残す

スパム判定されたメールをCYBERMAIL Σのメールボックスまで配送せず、MailGates上のドメイン単位の隔離フォルダに隔離します。ドメイン単位の隔離フォルダは、管理者のみが確認できます。
一般ユーザが受信したスパムメールを管理者側で一元管理したい場合に使用します。

ドメイン単位の隔離フォルダは以下のメニューから確認することができます。
管理者モード > スパムメール管理 > メール処理 > ドメイン隔離フォルダに残す > 参照

mceclip1.png

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています