環境入力フォーム用語説明【MAILGATESΣ】

このページでは環境入力フォームに記載している各設定値の説明をしています。

 

・開通希望日

最短でお申込み日より3営業日以内に環境提供致します。(土日祝日を除く)


・ユーザー認証方式
MAILGATESΣへログインする際の認証方式となります。

認証用_CyberMail:弊社の認証サービス(無償)での認証の場合
SAML:特定のIdPでの認証の場合
Microsoft 365(OAuth2.0):Microsoft 365(OAuth2.0)での認証の場合
Google Workspace(OAuth2.0):Google Workspace(OAuth2.0)での認証の場合
POP3/SMTP:POP3/SMTPでの認証の場合
LDAP/Active Directory:LDAP/Active Directoryでの認証の場合

 


■認証用_Cybermailの場合

・切替前のMXレコード
「切替前のMXレコード」にMXレコードを入力した場合は、環境提供時のメール配送先に指定します。

 


・メール受信サーバFQDN
MS365の場合:~.protection.outlook.com
Google Workspaceの場合:ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM

他社メールサービス・オンプレミスメールサーバーの場合:メール受信サーバーのFQDN

 

 

 

■SAML認証の場合

・SAML認証_担当者名

SAML認証の技術的なご担当者様の氏名をご記入下さい。

 

・SAML認証_担当者メールアドレス
SAML認証の技術的なご担当者様のメールアドレスをご記入下さい。


・SAML認証_IdPサービス名
ご利用のIdPサービスを選択して下さい。


・SAML認証_メタデータ

ご利用のIdpサービスのメタデータを添付してください。

メタデータ取得手順

 

 


・切替前のMXレコード
「切替前のMXレコード」にMXレコードを入力した場合は、環境提供時のメール配送先に指定します。


・メール受信サーバFQDN
MS365の場合:~.protection.outlook.com
Google Workspaceの場合:ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM

他社メールサービスの場合:メール受信サーバーのFQDN

 

 

 

■Microsoft365(OAuth2.0)/Google Workspace(OAuth2.0)の場合

・切替前のMXレコード
「切替前のMXレコード」にMXレコードを入力した場合は、環境提供時のメール配送先に指定します。


・メール受信サーバFQDN
MS365の場合:~.protection.outlook.com
Google Workspaceの場合:ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM
            ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM

 

 

 

■POP3/SMTPの場合

・メール送信サーバ-IPアドレス
お客様環境のメール送信サーバーのIPアドレスをご記入ください。

 


・メール受信サーバ-FQDN
お客様環境のメール受信サーバーのFQDNをご記入ください。

 


・メール受信サーバ-IPアドレス
お客様環境のメール受信サーバーのIPアドレスをご記入ください。

 


・認証_サーバー
お客様環境の認証サーバーのFQDNまたは、IPアドレスをご記入ください。

 


・認証_ポート番号
お客様環境の認証サーバーのポート番号をご記入ください。
※推奨値は995です。

ご指定の値に対して、弊社環境からのSMTP/POP疎通確認ができない場合、開通希望日に沿えない場合がございます。
事前に弊社環境からの通信許可の設定をお願い致します。
弊社クラウドサービスで使用するグローバルIP

 


■LDAP/Active Directoryの場合

・LDAP認証_サーバー

お客様環境のLDAP/Active DirectoryサーバーのグローバルIPアドレス

 


・LDAP認証_ポート番号

お客様環境のLDAP/Active Directoryサーバーのポート番号

 


・LDAP認証_BaseDN

お客様環境のLDAP/Active Directoryサーバーの検索起点となるDN

 


・LDAP認証_文字コード

お客様環境のLDAP/Active Directoryサーバーの文字コード

 


・LDAP認証_ログインアカウント

お客様環境のLDAP/Active Directoryサーバーの検索権限を持っているアカウント

 


・LDAP認証_ログインパスワード

お客様環境のLDAP/Active Directoryサーバーの検索権限を持っているアカウントのパスワード

 


・LDAP認証_フィルタ

お客様環境のLDAP/Active Directoryサーバーの検索で使用するフィルタ

 

 

 

 

・オプション_DKIM

DKIM認証とは、送信者のなりすましやメールの改ざんを防ぐための仕組みです。
送信メールにDKIMヘッダを付与する場合は「有」を選択して下さい。

環境提供時にお客様ドメインのDKIMレコードへの登録していただく公開鍵のデータを提供いたします。

 


・MG_希望アクセスURL
本サービスにアクセスするURLに設定されます。第3希望までご記入ください。英数半角小文字とハイフンのみ利用可。
例)https://***-mgf.cybermail.jpの「***」を指します。

 


・MailGates_IPアクセス制御
情報漏えい対策・アンチウイルス・アンチスパム管理画面へのアクセス制御をご利用の場合はご記入ください。
制御が不要な場合は空欄にしてください。
※全ユーザが対象となります。

 


・MailGates_管理者アカウントID

管理者に登録したいユーザーをご記入ください。

※利用するドメインのメールアドレスである必要があります。

例)利用ドメインがaaa.exmple.comの場合、管理者のメールアドレスは***@aaa.exmple.comとなります。

 

 

・ノベルティ / 情報案内

希望される場合は、弊社特製開運カレンダーやお得なキャンペーンの案内をご担当者様へお送りします。

※上記を希望されない場合でも、アップデート情報など製品に関する重要なお知らせは送付されますのでご了承ください。

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています