アカウントの作成(認証用アカウント管理)

本記事では、認証用のアカウント管理画面を使用したアカウントの作成手順について説明しています。

  1. 1アカウントずつ作成する
  2. 複数アカウントをCSVインポートで作成する

 

 

1アカウントずつ作成する

  1. アカウント管理用画面へログインします。
    ユーザIDとパスワードは開通通知書に記載がございます。
    ご契約サービス アカウント管理画面URL
    CYBERCHAT https://cm-auth.cybermail.jp
    MAILGATES Σ / MAILBASE Σ /
    Cloud Mail SECURITYSUITE
    https://cm-auth-general.cybermail.jp
  2. アカウントリストにて「アカウント追加」をクリックします。
    mceclip1.png

  3. 必要事項を入力し、「追加」ボタンをクリックします。
    mceclip2.png

    各項目の説明は以下の通りです。
    項目名 文字数制限 説明
    ユーザID 64bytes 利用可能な文字は以下の通りです。
    英文字小文字(a-z)、数字(0-9)、アンダーバー( _ )、ドット( . )、ハイフン( - )
    ※ユーザID には「.」を連続して指定することはできません。
    ※ログイン時はユーザID@ドメインを指定します。
    パスワード 32bytes 利用可能な記号は以下の通りです。
    ! " # $ % & ' ( ) * + , - . / : ; < = > ? @ [ \ ] ^ _ ` { | } ~
    デフォルトグループ - ※CYBERCHATご契約時のみ表示される項目です。
    所属先グループを選択できます。あらかじめグループを作成しておく必要があります。
    この画面で「該当なし」を選択しても、後から任意のグループに所属させることもできます。
    ユーザレベル - 0:アカウントロック(ログイン不可)
    1:ログイン可
    31bytes
    63bytes
    部署 30bytes 部署
    役職 30bytes 役職
    ※全角1文字は3bytes、半角1文字は1bytesとしてカウントされます。 

 

 

 

複数アカウントをCSVインポートで作成する

  1. インポート用のCSVファイルを用意します。

    フォーマット
    UserID,Type,Password,Level,LastName,FirstName,Custom1,Custom2
    user0001@example.co.jp,0,password,1,山田,太郎,営業部,部長
    user0002@example.co.jp,0,password,1,山田,次郎,営業部,一般

    サンプルファイルアカウントインポート用CSV
    2行目以降を編集してください。

    注意事項
    ・各項目はカンマ( , )で区切ります。
    ・最初の行にフィールド名を指定してください。
    ・2行目以降にユーザ情報を記述ください。1行につき 1アカウント記述して下さい。
    ・文字コードはSJIS、UTF-8をサポートします。

    各フィールドの説明
    各フィールド名の説明は以下の通りです。
    フィールド名 文字数制限 説明
    UserID
    (必須)
    64bytes 利用可能な文字は以下の通りです。
    英文字小文字(a-z)、数字(0-9)、アンダーバー( _ )、ドット( . )、ハイフン( - )
    ※ユーザID には「.」を連続して指定することはできません。
    ※ログイン時はUserID@ドメインを指定します。
    Type
    (必須)
    - 「0」を指定してください。
    Password 32bytes 利用可能な記号は以下の通りです。
    ! " # $ % & ' ( ) * + , - . / : ; < = > ? @ [ \ ] ^ _ ` { | } ~
    新規アカウント登録時はパスワードを省略しないでください。
    Level - 0または1を指定します。
    0:アカウントロック(ログイン不可)
    1:ログイン可
    LastName 31bytes
    FirstName 63bytes
    Custom1 30bytes 部署
    Custom2 30bytes 役職
    ※全角1文字は3bytes、半角1文字は1bytesとしてカウントされます。

  2. アカウント管理用画面へログインし、アカウントリストの「アカウントインポート」をクリックします。
    mceclip3.png

  3. 「参照」ボタンから1.で作成したCSVを選択し、「インポート」ボタンをクリックします。
    ※パスワードポリシーチェックにチェックを入れると、CSVで指定したパスワードが[パスワードセキュリティ]-[パスワードポリシー]を満たしているかどうかチェックされます。パスワードポリシーを満たしていない場合はインポートに失敗します。
    ※「インポート結果」画面が表示されるまで、画面遷移したり「インポート」ボタンを連続してクリックしないようにお願いいたします。インポートに失敗する可能性があります。
    mceclip4.png

  4. インポート完了が表示されると、成功です。
    mceclip5.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています