お問い合わせ

MailGates - Microsoft 365 連携設定(送信コネクタの設定・アーカイブなし)

本記事では、Microsoft 365をご利用のお客様向けに、Microsoft 365とMailGatesを連携させるための設定について説明しています。Microsoft 365側の設定であり、本設定に伴うMailGatesの作業はございません。

 

本設定の目的

MailGatesの誤送信対策・メール暗号化・添付リンク機能を使用する場合に必要な設定です。本設定を行うことですべてのメールの送信経路が以下の通り変更されます。

設定前   :Microsoft 365 → 外部メールサーバ
設定後   :Microsoft 365 → MailGates → 外部メールサーバ

 

 

本設定が必要なお客様

Microsoft 365 をご利用で、以下いずれかに該当するお客様は、本設定が必要です。

  1. Cloud Mail SECURITYSUITE for Office 365 & G Suite の Lite または Compact のいずれかのプランをご利用のお客様
  2. MAILGATES Σをご契約で、MailGatesを送信ゲートウェイ(誤送信対策・審査・添付ファイル暗号化・分離)として利用するお客様

 

 

設定手順

  1. 事前にSPFレコードが登録されていることを確認します。

  2. 管理者権限を持つアカウントでMicrosoft 365へログインします。

  3. [管理]-[管理センター]-[Exchange]をクリックします。

  4. [メールフロー]-[コネクタ]をクリックします。
    mceclip2.png

  5. 「+」をクリックします。
    mceclip4.png

  6. 送信元に「Office 365」、送信先に「パートナー組織」を選択し、「次へ」をクリックします。
    mceclip12.png

  7. 任意の「名前」を入力し、「次へ」をクリックします。
    mceclip3.png

  8. 「メール メッセージが以下に示されたドメインに送信される場合のみ」を選択し、「+」をクリックします。
    mceclip2.png

  9. 「*」(アスタリスク)を入力し、「OK」をクリックします。8.の画面へ戻りましたら「次へ」をクリックします。
    mceclip4.png

  10. 「これらのスマート ホストを使ってメールをルーティングする」を選択し、「+」をクリックします。
    mceclip5.png

  11. mgf.cybermail.jp」を入力し「保存」をクリックします10.の画面へ戻りましたら「次へ」をクリックします。
    mceclip6.png

  12. 「常にトランスポート層セキュリティ (TLS) を使って接続をセキュリティで保護する (推奨)」にチェックを入れ、「信頼された証明機関 (CA) によって発行済み」を選択し「次へ」をクリックします。
    mceclip18.png

  13. 設定内容を確認し、問題がなければ「次へ」をクリックします。
    mceclip7.png

  14. 「+」ボタンをクリックし、メールの送受信が可能な外部のメールアドレスを追加します。
    mceclip8.png
    mceclip9.png

  15. 「検証」をクリックします。
    mceclip10.png

  16. 設定が正しい場合は「完了しました!」と表示されます。
    14.で指定したメールアドレス宛にテストメールが届いていることを確認し「閉じる」をクリックします。
    mceclip23.png

  17. 「保存」をクリックします。

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています