【Google WorkSpace ご利用のお客様向け】 OAuth 2.0 クライアントID設定

本記事では、クライアントIDを作成し、Google WorkSpaceに存在するユーザリストをMAILGATESΣへインポートする手順について説明しています。
本手順を実施することにより、MAILGATESΣがメールを受信するときに、宛先のユーザがGoogle WorkSpaceに存在するユーザかどうかを判断できるようになります。
本手順を実施しなかった場合、メールを受信できませんので必ず実施いただくようにお願いいたします。

 

作業概要

  1. OAuth クライアントID作成手順
  2. Google WorkSpaceのユーザリストをMAILGATES Σへインポート

 

 

注意事項

  • 「承認済みの JavaScript 生成元」「承認済みのリダイレクト URI」が必要です。開通通知書に記載がございます。
  • Microsoft Edge、Internet Explorer で作業する場合、ブラウザのバージョンが古いとGoogle WorkSpaceへのログインに失敗することがあります。以下のバージョン以降で正常にログインができることを確認しています。
    Edge:44.18362.449.0
    Internet Explorer:11.476.18362.0
  • 手順内のスクリーンショットはGoogle WorkSpace側の仕様変更により、変更されている場合がございます。
  • GCP Console の詳細については Google の公式ヘルプ情報等を参照ください。

 

 

OAuth クライアントID作成手順

  1. Google WorkSpace 管理者アカウントで、GCP (Google Cloud Platform) Console へログインします。
    https://console.cloud.google.com/
  2. 左上の「プロジェクトの選択」-「新しいプロジェクト」の順にクリックします。
    mceclip0.png
    mceclip1.png

  3. 任意の「プロジェクト名」を入力し「作成」をクリックします。
    mceclip2.png

  4. 作成したプロジェクトを選択します。
    mceclip0.png

  5. ナビゲーションメニューから「API とサービス」をクリックします。
    mceclip3.png

  6. 「API とサービスを有効化」をクリックします。
    mceclip4.png

  7. 「Admin SDK」を検索し、「有効にする」をクリックします。
    mceclip6.png
    mceclip7.png

  8. ナビゲーションメニューから[API とサービス]-[OAuth 同意画面]をクリックします。
    mceclip8.png

  9. 「内部」を選択し、「作成」をクリックします。
    mceclip0.png

  10. 以下の内容を入力し「保存」をクリックします。
    ◼アプリケーション名:MAILGATES
    ◼承認済みドメイン :cybermail.jp
    mceclip1.png
    mceclip11.png

  11. [認証情報]-[認証情報を作成]-[OAuth クライアント ID]の順にクリックします。
    mceclip12.png

  12. 以下の内容を入力し「作成」をクリックします。
    ■アプリケーションの種類:ウェブアプリケーション
    ■名前:MAILGATES
    ■承認済みの JavaScript 生成元:開通通知書をご確認ください
    ■承認済みのリダイレクト URI:開通通知書をご確認ください
    mceclip13.png

  13. 作成されたクライアントIDをコピーします。
    mceclip15.png

  14. Google WorkSpace 管理コンソールへログインします。
    https://admin.google.com/
  15. [セキュリティ]-[API 権限]の順にクリックします。

  16. [サードパーティ製アプリのアクセスを管理] をクリックします。
    mceclip18.png

  17. [アプリを追加]-[OAuth アプリ名またはクライアント ID]をクリックします。
    mceclip19.png

  18. 12.にてコピーしたクライアントIDを入力し検索すると「MAILGATES」が表示されますので、これを追加します。

 

 

 

Google WorkSpaceのユーザリストをMAILGATES Σへインポート

  1. Google WorkSpace 管理者アカウントで、GCP (Google Cloud Platform) Console へログインします。
    https://console.cloud.google.com/
  2. ナビゲーションメニューから[API とサービス]-[認証情報]をクリックします。
    mceclip20.png

  3. 「OAuth クライアントID作成手順」で作成したクライアントID(.jsonファイル)をダウンロードします。
    mceclip21.png

  4. MAILGATESΣへ管理者アカウントでログインします。

  5. 管理者モード > ユーザ・グループ設定 > OAuth 認証設定 へ移動し、3.にてダウンロードしたJSONファイルを選択し、「保存」をクリックします。mceclip22.png
    下記のメッセージが表示されると成功です。
    mceclip23.png

  6. 「接続」をクリックします。
    mceclip24.png

  7. Google WorkSpace の管理者アカウントでログインします。

  8. MAILGATESΣが Google WorkSpace から情報を取得することに関する OAuth 同意画面が表示されます。
    内容を確認のうえ「許可」をクリックします。
    mceclip2.png
    「認証成功」が表示されると成功です。
    mceclip26.png

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています