【Google WorkSpace】 一部のメールのみMailGatesを経由して送信する

本記事では、一部のメールのみMailGatesを経由してメールを送信する方法について説明しています。

MailGates - Google WorkSpace連携設定(送信ゲートウェイ)の設定を実施した場合、すべてのメールがMailGatesを経由して送信されるようになります。

上記設定を行う前に、一部のメールだけで、MailGatesのZIP暗号化やメール審査の設定の動作確認を行いたい場合、本記事の設定を行ってください。

 

 

 

手順

  1. Google WorkSpace の管理コンソールへログインします。
    https://admin.google.com/

  2. [アプリ]-[Google WorkSpace]-[Gmail] へ移動します。

  3. 「ホスト」をクリックします。
    mceclip1.png

  4. 「ルートを追加」より、以下の内容を設定します。
    ■名前:任意
    ■メールサーバーの指定「単一のホスト」「mgf.cybermail.jp」「25」
    mceclip3.png
    「保存」をクリックします。

  5. 「Gmail の設定」に戻ります。
    mceclip4.png

  6. 「コンプライアンス」をクリックします。
    mceclip5.png

  7. 「コンテンツ コンプライアンス」の「設定」をクリックします。
    mceclip6.png

  8. 任意の名前を入力し「1. 影響を受けるメール」にて「送信」「内部 - 送信」のチェックを有効にします。
    各項目の意味については以下をご参照ください。
    https://support.google.com/a/answer/6069954?hl=ja
    mceclip7.png

  9. 「2. 各メッセージで検索するコンテンツを表す表現を追加する」の「追加」をクリックし、MailGatesを経由させたいメールに合致する条件を設定します。
    例)送信者「admin@example.co.jp」から送信したメールのみMailGatesを経由させる場合
    mceclip8.png

  10. 3. 上記の表現が一致する場合は、次の処理を行います」では、「ルートを変更」にチェックを入れ、4.にて追加したホストを選択します。
    mceclip9.png

  11. 「オプションを表示」をクリックし、「影響を受けるアカウントの種類」にて本設定の適用対象アカウントを適宜選択してください。
    mceclip10.png

  12. 「保存」をクリックします。

 

設定は以上です。

テストメールを送信し動作確認します。
MailGatesのログ閲覧やGoogle WorkSpace のログ確認にて、テストメールがMailGatesを経由するようになったかご確認ください。

■参考情報
https://support.google.com/a/answer/2618874

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています