SAML認証利用手順(Okta)

本記事では、OktaでSAML認証する場合に必要な手順について説明しています。

  1. 対象のお客様
  2. 制限事項
  3. ご利用開始までの流れ
  4. SAML認証セットアップ手順 ※お客様側作業

 

 

 

対象のお客様

  • CYBERMAILΣをご契約のお客様
  • MAILGATESΣをご契約のお客様
  • MAILBASEΣをご契約のお客様
  • Cloud Mail SECURITYSUITE(全プラン)をご契約のお客様

 

 

 

制限事項

  • CYBERMAILΣ のPC用ログイン画面、スマートフォン用ログイン画面のみでSAML認証をご利用いただけます。その他の認証(POP3,IMAP4,SMTP,API 等)ではご利用いただけません。
  • MAILGATESΣ、MAILBASEΣ 及び Cloud Mail SECURITYSUITE をご利用の場合、PC用ログイン画面でのみSAML認証をご利用いただけます。

 

 

 

ご利用開始までの流れ

  1. お客様にて、 SAML認証セットアップを行います。SAML認証セットアップ手順をご参照ください。

  2. [新規問い合わせを作成]より、以下の情報をサポートシステムあてにお送りください。
    ・1.にて取得したメタデータ
    ・IdPサービス名 ※Oktaとお伝えください
    ・担当者名
    ・担当者メールアドレス
    ・対象ドメイン

  3. 弊社にて以下の作業を実施いたします。
    ・SAML認証の有効化

 

 

 

SAML認証セットアップ手順

  1. 管理者アカウントでOktaにログインし、「管理」をクリックします。
    mceclip0.png

  2. [Applications]-[Add Application]-[Create New App]をクリックします。
    mceclip2.png
    mceclip4.png

  3. Platformに「Web」、Sign on methodに「SAML 2.0」を選択して「Create」をクリックします。
    mceclip5.png

  4. App name に任意のアプリケーション名を入力し「Next」をクリックします。
    mceclip6.png

  5. 「GENERAL」にて、以下の内容を入力します。
    ※Cloud Mail SECURITYSUITE をご契約のお客様は、MAILBASE ΣとMAILGATES Σを両方設定します。

    CYBERMAIL Σ MAILBASE Σ MAILGATES Σ
    ■Single sign on URL
    https://(CYBERMAIL Σアクセス URL)/cgi-bin/saml_login/saml2-acs/m2k_generic_sp

    ■Audience URI (SP Entity ID)
    https://(CYBERMAIL Σアクセス URL)/saml/module.php/saml/sp/metadata.php/m2k_generic_sp

    ■Name ID format
    Transient

    ■Application username
    Email

    ■Update application username on
    Create and update
  6. 「ATTRIBUTE STATEMENTS (OPTIONAL)」にて、以下の内容を設定します。
    ■Name
    http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/upn

    ■Name format
    Unspecified

    ■Value
    user.email

    ※「GROUP ATTRIBUTE STATEMENTS (OPTIONAL)」の設定は不要です。

    mceclip0.png

  7. 「Next」をクリックします。

  8. 「I'm an Okta customer adding an internal app」を選択し、「This is an internal app that we have created」にチェックを入れ、「Finish」をクリックします。
    mceclip1.png

  9. 以下の画面へ遷移しますので、「View Setup Instructions」をクリックします。
    mceclip2.png

  10. 「Optional」「Provide the following IDP metadata to your SP provider.」に表示されている内容をコピーし、テキストエディタ等へ張り付けしたものを拡張子「.xml」で保存します。
    mceclip3.png

  11. 「Assign」より、SAML認証を使用するアカウントを登録します。
    mceclip0.png

    ※6.で指定した通り、「Primary email」にCYBERMAILΣ・MAILGATESΣ・MAILBASEΣ
    でご利用中のメールアドレスを登録していただく必要があります。
    mceclip1.png

  12. ご利用開始までの流れの手順2へお進みください。


    以上でお客様側の作業は完了です。
    お送りいただいたメタデータをもとに、弊社にてSAML認証有効化設定を行います。
    弊社側の設定完了後、ログイン画面のSAML認証タブから、ログインできるようになります。
    mceclip0.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています