CYBERCHATオプション導入手順

本記事では、CYBERMAIL ΣのCYBERCHATオプションをご契約のお客様向けに、CYBERCHATの導入手順を説明しています。
管理者様は、大まかに以下の順番で運用開始までの準備をすすめていただければと存じます。

 

  1. はじめに
    稼働環境についてご確認ください。

  2. CYBERCHATへのログイン
    開通通知書に記載されている管理者アカウントとパスワードで、PC用画面とスマートフォン用アプリへログインできることを確認します。
    CYBERCHATへのログインをご参照ください。

  3. グループの作成
    CYBERCHATのメンバー一覧にて、メンバーをグループ分けして表示したい場合は、グループを作成します。CYBERCHATのグループには、CYBERMAIL Σのグループ情報または共有アドレス帳が使用されますので、CYBERMAIL Σ側でいずれかの情報を作成します。
    ※既存のグループ情報または共有アドレス帳を使用する場合、新規に作成する必要はありません。
    ※注意事項等については、こちらをご参照ください。

    グループ
    元データ
    作成方法
    グループ情報 グループの作成(CYBERCHAT単体)
    ※上記リンク先の「アカウント管理画面」を「CYBERMAIL Σの管理者画面」
     と読みかえてください。
    共有アドレス帳 共有アドレス帳の作成
  4. CYBERCHAT側の設定変更
    CYBERCHATの管理画面にて以下の設定を行います。

    設定 説明
    パブリックルームの作成 誰でも入退出可能なルームです。ドメイン管理者のみが作成可能なルームです。
    ユーザレベルの設定 CYBERCHAT側のユーザレベルです。レベル1または2を選択できます。
    スタンプ管理 デフォルトで用意されているスタンプ以外に使用したいスタンプがあれば追加します。
  5. ユーザレベルの設定
    CYBERCHATを利用させたいアカウントに、CYBERCHAT利用を有効にしたユーザレベルを割り当てます。
    例)レベル5 でCYBERCHATを有効化し、userAにレベル5を割り当て
      →userAはCYBERCHATを利用できるようになります。

    ■該当項目
    管理者画面 > アカウント > ユーザレベル > 連携設定 > CYBERCHAT

    ※ユーザレベルの変更は、約5分程度でCYBERCHATへ同期されます。

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています