EMERGENCYMAIL とは

本記事では、EMERGENCYMAIL(以下「EM365」と称する)のサービス概要について説明しています。

  1. EM365の構成
  2. 同一ドメインプラン
  3. 別ドメインプラン
  4. 過去データ閲覧オプション
  5. 制限事項

 

 

 

EM365の構成

EM365は以下の3つのシステムから構成されております。

システム 役割(同一ドメイン) 役割(別ドメイン)
CyberMail 認証およびメールサーバ 認証およびメールサーバ
MailGates メール配送先切替 アンチスパム
MailBase メールアーカイブ
※過去データ閲覧オプションありの場合
メールアーカイブ
※過去データ閲覧オプションありの場合

 

<関連図>

mceclip0.png

 

外部から送信されたメールは、MailGatesを経由してからCyberMailで受信します。
CyberMailから外部ドメイン宛てに送信されるメールは、MailGatesを経由してから送信されます。
MailBaseには、CyberMailで送受信したメールがコピーされます。

 

 

 

同一ドメインプラン

お客様の Microsoft 365 / Google WorkSpace が何らかの原因でご利用いただけない場合に、配送先を切り替えることで、同一ドメインを利用したメール送受信を可能にするセカンダリメールサービスです。

 

受信メール

Microsoft 365 / Google WorkSpace の前段にMailGatesサーバを設置し、MXレコードをMailGatesに向けることで、外部メールサーバからお客様ドメイン宛てに送信されるメールをMailGatesにて受信します。

平常時、MailGatesは受信したメールを Microsoft 365 / Google WorkSpace のサーバにリレーします。
緊急時、配送先を切り替えると、MailGatesは受信したメールを EM365(CyberMail)にリレーします。
このため、Microsoft 365 / Google WorkSpace 側でメールが受信できない状態であっても、Microsoft 365 / Google WorkSpace の代わりに、EM365にてメールを受信することが可能です。

障害発生中にEM365にて受信したメールは、障害復旧後、Microsoft 365 / Google WorkSpace に転送することが可能です。(別途お申込みが必要です。)

 

mceclip2.png

 

 

送信メール

平常時は、Microsoft 365 / Google WorkSpace から 外部メールサーバへ直接メールが配送されます。(EM365ご契約前と同じ動作)
緊急時は、EM365からFromに同一ドメインを指定しメールを送信することができます。(平常時もEM365からメール送信いただくことは可能です。)

 

mceclip0.png

 

 

 

別ドメインプラン

あらかじめ、別ドメインのメールサービスをご契約いただき、緊急時に別ドメインを使用したメール送受信を可能とするセカンダリメールサービスです。

別ドメインでいつでもメール送受信が可能です。緊急時に配送先の切替作業は不要です。

 

mceclip4.png

 

 

 

過去データ閲覧オプション

過去データ閲覧オプションとは、平常時にMicrosoft 365 / Google WorkSpace で送受信したメールと、緊急時にCyberMailで送受信したメールをMailBaseにアーカイブするオプションです。

過去6か月間に送受信したメールがアーカイブされます。
※サービス開通時から6ヶ月間のデータです。開通前のメールはアーカイブされません。

過去データ閲覧オプションをお申込みいただくことで、Microsoft 365 / Google WorkSpaceの障害発生時でも、MailBase上で過去のメールを閲覧することが可能となります。

 

 

 

制限事項

  • 認証方式はローカル認証(CyberMail 認証)のみです。
  • MailGatesのアンチスパム機能は、別ドメインプランでのみご利用可能です。
  • MailGatesのメール配送先切替機能は、同一ドメインプランでのみご利用可能です。
  • その他上限値についてはこちらをご参照ください。

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています