お問い合わせ

開通通知書が届いてからMAILBASE Σを運用開始するまでの流れ

本記事では、開通通知書が届いてから、MAILBASE Σを利用開始するまでの流れについて説明しています。
管理者様は、大まかに以下の順番で運用開始までの準備をすすめていただければと存じます。

 

  1. はじめに
    稼働環境弊社クラウドサービスで使用するグローバルIPについてご確認ください。

  2. MailBaseへのログイン
    開通通知書に記載されている初期アカウントadminとパスワードでログインします。
    MailBaseへのログインをご参照ください。

  3. 連携設定
    ご利用のメールサーバのメールをMailBaseへ転送するために、以下の設定を行います。
    ご利用のメールサーバ 設定内容
    Microsoft 365 MailBase - Microsoft 365 連携設定
    G Suite MailBase - G Suite 連携設定
    Notes MailBaseマニュアル_Notes_Option.pdf
    をご参照のうえ、設定をお願いいたします。
  4. SPFレコードの設定
    MailBaseで検索したメールを転送する場合は、SPFレコードに弊社クラウドサービスのIPアドレスを追記いただくことをおすすめいたします。設定内容はこちらをご参照ください。

  5. MailBaseのアクセス制限を設定
    デフォルトでは管理者アカウントのみMailBase へログイン可能です。
    一般ユーザにもログインさせる場合は、以下の記事をご参照ください。
    MailBaseへログイン可能なアカウントを制限する

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています