お問い合わせ

「メール審査」機能について

本記事では「メール審査」機能の概要と設定方法について説明しています。

  1. 対象のお客様
  2. メール審査とは
  3. 制限事項
  4. 設定方法

 

 

 

対象のお客様

  • CYBERMAIL Σ のオプション「誤送信対策&審査機能」をご契約のお客様
  • MAILGATES Σ のオプション「誤送信対策&審査機能」をご契約のお客様
  • Cloud Mail SECURITYSUITE for Office 365 & G Suite をご契約のお客様
    (Compact・Basic・Standard・Premium)※Liteプランは対象外

 

 

メール審査とは

メール審査は、送信メールに対して条件を設定し、条件に合致したメールの送信を保留したり、送信させないようにする機能です。
ドメイン単位またはグループ単位で設定可能です。
具体的な設定例につきましては、「審査ルール設定例」をご参照ください。

 

 

 

制限事項

  • CYBERMAIL Σにおいては、お客様ドメイン同士で送受信したメールはMailGatesを経由しないため、メール審査機能の対象外です。
  • メール審査によって送信される通知メールのサンプルについては「MailGatesから送信される通知メール一覧」をご参照ください。
  • 審査ルールは上から順に処理されます。上位の審査ルールに合致した場合、下位にある審査ルールはすべてスキップされます。
  • メール審査→ZIP 暗号化→添付リンクの順に処理されます。ZIP暗号化や添付リンク機能が有効になっている場合は、メール審査後に ZIP 暗号化または添付リンク化されて送信されることがございます。

 

 

 

設定方法

  1. 管理者アカウントでMailGatesにログインします。

  2. 管理者モード > 審査ルール設定 > ドメイン単位審査 または グループ単位審査 へ移動し、「追加」ボタンから新規審査ルールを作成します。
    具体的な設定例につきましては、「審査ルール設定例」をご参照ください。

    グループ単位審査を使用する場合は、あらかじめMailGatesにてグループを作成いただく必要がございます。
    管理者モード > ユーザ・グループ設定 > グループ管理

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています