Teams連携利用手順

本記事では、MailBase の Teams連携機能を利用する場合に必要な手順について説明しています。
※Microsoft Teams の仕様変更により本記事中のスクリーンショットが変更されている場合があります。

  1. Teams連携とは
  2. 対象のお客様
  3. 制限事項
  4. ご利用開始までの流れ
  5. Teams メッセージ検索方法

 

 

 

Teams連携とは

Microsoft Teams のチーム/チャンネルのチャットメッセージをMailBaseへアーカイブする機能です。

チーム内の以下の内容をアーカイブできます。

  • テキスト
  • 添付ファイル(50M)
  • 絵文字
  • GIF
  • ステッカー
  • リアクション(e.g. いいね!など)

mceclip0.png

 

 

 

対象のお客様

  • MAILBASE Σ をご契約のお客様
  • Cloud Mail SECURITYSUITE for Office 365 & G Suite Basicプラン以上をご契約のお客様

 

 

 

制限事項

  • Microsoft 365 のご契約テナント配下の全てのドメインのTeamsメッセージがアーカイブ対象となります。
  • ゲストユーザのTeamsメッセージもアーカイブ対象となります。
  • 個人チャットはアーカイブできません。
  • 検索は、Microsoft 365 の全体管理者権限でのみ可能です。
  • チャネル:15分間隔、チャット:5分間隔で新規のメッセージを取得します。
  • Teams上の既存メッセージが編集・削除された場合は、上記取得タイミングによって、編集・削除前または編集・削除後のコンテンツがアーカイブされます。このため、編集・削除されているかは、アーカイブからは確認できません。
  • Web会議内チャットはアーカイブ対象外です。このため、匿名ユーザの会議内チャットもアーカイブ対象外となります。
  • SharePoint・OneDrive上のファイルはリンクのみでアーカイブされません。
  • Teams連携セットアップ手順(「3. MailBaseのアプリ認証設定」まで)完了後、
    初回のみ、Teamsメッセージを検索できるようになるまで時間がかかります。
    Teamsメッセージ量によりますので、数時間~数日かかる可能性がございます。

  • Microsoft Teams側でユーザもしくはルーム名を変更した場合、同期に最大72時間かかります。同期完了までは古い情報を元にアーカイブします。

  • 最大2年置きに、クライアントシークレットの更新作業が必要です。
    手順はこちらをご参照ください。

  • Microsoft側のAPI仕様変更よりTeamsメッセージをアーカイブできなくなる場合がございます。

 

 

 

ご利用開始までの流れ

  1. 営業宛にご連絡をください。
    連絡先:sales_cs@cybersolutions.co.jp

  2. 弊社にてTeams 連携設定作業を行います。

  3. お客様にてアプリケーション申請を行います。
    ※承認まで1~2週間程度かかります。承認完了後メールが届きます。

  4. 3.のアプリケーション申請が承認された後、お客様にてMailBaseのアプリ認証設定を行います。

 

 

 

Teams メッセージ検索方法

  1. テナント全体管理者でMailBaseにログインします。
    https://mbspb.cybermail.jp
    ※Teamsメッセージを検索する時とメールを検索する時のログインアカウントは異なります。
    メールを検索する場合 ⇒「ドメイン管理者」でログインします。
    Teams メッセージを検索する場合 ⇒「テナント全体管理者」でログインします。

  2. メッセージ検索 > Teams へ移動します。
    キーワードを入力し、「検索実行」をクリックすると検索可能です。
    チームやチャンネル、日付範囲で絞り込みたい場合は、詳細検索をクリックします。
    mceclip1.png

  3. 詳細条件を指定して「検索実行」をクリックします。
    mceclip2.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています