Enterprise Audit - Microsoft 365 連携設定

本記事は、Microsoft 365をご利用のお客様向けに、Microsoft 365で送受信したメールをEnterprise Auditにアーカイブするための設定について説明しています。

  1. 本設定の目的
  2. 本設定が必要なお客様
  3. 設定方法

 

 

 

本設定の目的

Microsoft 365で送受信したメールをEnterprise Auditにジャーナルレポートとして送信するための設定です。
本設定を行うことで、Microsoft 365で送受信したメールをEnterprise Audit上で検索・閲覧できるようになります。

 

 

 

本設定が必要なお客様

Microsoft 365 をご利用で、以下いずれかに該当するお客様は、本設定が必要です。

  1. ENTERPRISE AUDIT Σをご契約のお客様
  2. Cloud Mail SECURITYSUITE の BasicStandardPremium のいずれかをご利用のお客様
    Cloud Mail SECURITYSUITE の ビジネス・エンタープライズ・メールアーカイブ のいずれかご利用のお客様
  3. EMERGENCYMAIL の過去メール閲覧オプションをご契約のお客様

 

 

 

設定方法

  1. 開通通知書に記載されている「ジャーナルレポート送信先」を確認します。

  2. 管理者権限を持つアカウントでMicrosoft 365へログインします。

  3. [管理]-[管理センター]-[Exchange]をクリックします。

  4. [その他の機能]をクリックします。
  5. 「ジャーナルルール」に記載されたURLをクリックします。


  6. 画面右上の「設定」をクリックいただき、ジャーナルレポートの送信に失敗した場合に送信される配信不能レポートの通知先アドレスを指定します。配信不能レポートが受信できるメールアドレスを指定して下さい。
    ※ここで指定したメールアドレス宛てに送信されたメールはEnterprise Auditへアーカイブされません。
    ※メールアドレスはお客様にてご用意下さい。




    複数ドメインをご契約いただいている場合、下記手順7~8をドメイン数分ご実施ください。
    ジャーナルレポートの送信先が異なるジャーナルルールをご契約ドメイン数分作成いただくこととなります。尚、全てのドメインの送受信メールは各ドメイン管理者で閲覧可能となります。
     
  7. [ジャーナルルール]を選択し、「新しいルール」をクリックします。


  8. 以下の通り指定し、「保存」をクリックします。
    「ジャーナル レポートの送信先」には1.で確認した「ジャーナルレポート送信先」に記載されているメールアドレスを指定します。
    「メッセージの送信元または受信元」には[すべてのユーザ]を選択します。
    「ジャーナルするメッセージの種類」には「すべてのメッセージ」を選択します。

    ※複数ドメインをご契約の場合は、ご契約ドメイン数分ジャーナルルールを作成してください。
    mceclip0.png

    参考情報
    Microsoft 365に複数のカスタムドメインがあり、この内特定のカスタムドメインのみ送受信メールのアーカイブを取得したい場合は、事前にドメインに所属するメールアドレス全てをメンバーとする「メールが有効なセキュリティ グループ」を作成ください。「ジャーナルルールの新規作成」画面の「メッセージの送信元または受信元」に、作成したグループを指定して下さい。
     

  9. 「送信」をクリックします。

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています