お問い合わせ

SPFレコードの設定

本記事では、SPFレコードを設定する目的と具体的な設定例について記載しております。

  1. SPFレコードを設定する目的
  2. CYBERMAIL Σのお客様向け設定例
  3. CYBERMAILΣ以外(CYBERMAILΣ-ST・MAILBASEΣ・MAILGATESΣ・Cloud Mail Security Suite・CYBERCHAT)のお客様向け設定例

 

 

SPFレコードを設定する目的

SPFレコードとはDNS上のテキストレコードのことであり、SPF認証を行うために使用されます。
SPFレコードを登録することで、MailGatesから送信されたメールが受信側でなりすましメールとして判定されることを回避できます。

  • SPFレコードには、該当ドメインを送信元としてメールを送ってもよいサーバのIPアドレス等を記述します。
  • 受信側は送信元ドメインのSPFレコードを参照し、許可されたIPアドレスから送信されたメールかどうかを判断します。
  • SPFレコードはDNS上の設定であり、MailGatesの設定画面からは変更できません。具体的な変更方法についてはお客様ドメインを管理されているDNS管理会社様へご確認ください。

 

mceclip0.png

 

 

 

CYBERMAILΣのお客様向け設定例

弊社クラウドサービスのIP情報は「include:spfcm.cybermail.jp」です。

以下のサービスをご利用のお客様で既存のSPFレコードを書き換える場合、または新規にレコードを追加する場合は、以下の通りご設定ください。

  • CYBERMAIL Σ
  • EMERGENCYMAIL for Office 365 & G Suite(別ドメインプラン)

 

※「example.co.jp」をお客様ドメインへ置き換えてください。

  • 設定例1 - お客様ドメインからメール送信するシステムがCYBERMAILΣのみの場合
example.co.jp. IN TXT "v=spf1 include:spfcm.cybermail.jp ~all"

 

  • 設定例2 - 複合機などのメール送信を行う社内システム(100.0.0.0/24)を追記する場合
example.co.jp. IN TXT "v=spf1 include:spfcm.cybermail.jp +ip4:100.0.0.0/24 ~all"

 

■参考情報
間違いから学ぶSPFレコードの正しい書き方(外部リンク)
SPFレコードチェックツール

 

 

CYBERMAILΣ以外のお客様向け設定例

弊社クラウドサービスのIP情報は「include:spfcm.cybermail.jp」です。

以下のサービスをご利用のお客様で、すでにSPFレコードが存在する場合は、既存のSPFレコードに「include:spfcm.cybermail.jp」のみ追記してください。

  • CYBERMAIL Σ ST
  • MAILBASE Σ
  • MAILGATES Σ
  • CYBERCHAT
  • Cloud Mail SECURITYSUITE for Office 365 & G Suite
  • EMERGENCYMAIL for Office 365 & G Suite(同一ドメインプラン)

 

※「example.co.jp」をお客様ドメインへ置き換えてください。

  • 設定例1 - すでにG SuiteのIP情報が存在し、追記する場合
example.co.jp. IN TXT "v=spf1 include:_spf.google.com include:spfcm.cybermail.jp ~all"

 

  • 設定例2 - すでにOffice 365のIP情報が存在し、追記する場合
example.co.jp. IN TXT "v=spf1 include:include:spf.protection.outlook.com include:spfcm.cybermail.jp ~all"

 

 

■参考情報
間違いから学ぶSPFレコードの正しい書き方(外部リンク)
SPFレコードチェックツール

 

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています