お問い合わせ

DNS関連のよくあるご質問

本記事では、MXレコード切替時などに行うDNS側の設定変更の際に、よくあるご質問を紹介しています。

  1. MXレコード切替のやり方を教えてください。
  2. MXレコード切替の際、DNS側で具体的にどの値を変更すればよろしいですか。
  3. TTL値の変更のやり方を教えてください。
  4. Aレコードを変更する必要はありますか。
  5. ドメインの最後に「.」(ドット)を付ける必要はありますか。
  6. MXレコードに登録されている旧メールサーバの情報は残しておいたほうがいいですか。
  7. MXレコード切替作業が完了したのにも関わらず外部から送信されたメールを受信できません。
  8. DNSサーバが変更になりました。CYBERMAIL Σ側で必要な作業はありますか。

 

 

 

MXレコード切替のやり方を教えてください。

MXレコード切替手順につきましては、下記のFAQをご確認ください。

ご利用のサービス名 参照FAQ DNS側の設定
CYBERMAIL Σ MXレコード切替手順 「MXレコード切替当日の作業」の手順4,5
MAILGATES Σ
Cloud Mail SECURITYSUITE for Office 365 & G Suite
(Standard / Premium)
MXレコード切替手順(MAILGATESΣ) 「MXレコード切替当日の作業」の手順1
CYBERMAIL Σ ST MXレコード切替手順(CYBERMAILΣ-ST) 「MXレコード切替当日の作業」の手順3,4
EMERGENCYMAIL for Office 365 & G Suite MXレコード切替手順(EMERGENCYMAIL - 同一ドメインプラン)
MXレコード切替手順(EMERGENCYMAIL - 別ドメインプラン)
「MXレコード切替当日の作業」の手順1

上記手順のうち「DNS側の設定」に記載の手順の具体的なやり方については、お客様ドメインを管理されているDNS管理会社様へご確認ください。
例)お名前.com、XSERVERなど

■参考情報
お名前.comをご利用の場合(外部リンク)
XSERVERをご利用の場合(外部リンク)

 

 

 

MXレコード切替の際、DNS側で具体的にどの値を変更すればよろしいですか。

MXレコードとTXTレコードをご変更ください。

 

■設定例1

お客様ドメインが「example1.co.jp」
開通通知書のMXレコードに「mg.cybermail.jp」が記載されている場合

ホスト名 タイプ 設定値 優先度
example1.co.jp. MX mg.cybermail.jp. 10
example1.co.jp. TXT "v=spf1 include:spfcm.cybermail.jp ~all"  

※項目名は管理会社様によって異なります。
※既存のMXレコードの設定値を書き換えてください。
※TXTレコード(SPFレコード)の設定値についてはこちらをご参照ください。

 

 

■設定例2

お客様ドメインが「example2.co.jp」
開通通知書のMXレコードに「mgc.cybermail.jp」が記載されている場合

ホスト名 タイプ 設定値 優先度
example2.co.jp. MX mgc.cybermail.jp. 10
example2.co.jp. TXT "v=spf1 include:spfcm.cybermail.jp ~all"  

※項目名は管理会社様によって異なります。
※既存のMXレコードの設定値を書き換えてください。
※TXTレコード(SPFレコード)の設定値についてはこちらをご参照ください。

 

 

■設定例3

お客様ドメインが「example3.co.jp」
開通通知書のMXレコードに「mgf.cybermail.jp」が記載されている場合

ホスト名 タイプ 設定値 優先度
example3.co.jp. MX mgf.cybermail.jp. 10
example3.co.jp. TXT "v=spf1 include:spfcm.cybermail.jp ~all"  

※項目名は管理会社様によって異なります。
※既存のMXレコードの設定値を書き換えてください。
※TXTレコード(SPFレコード)の設定値についてはこちらをご参照ください。

 

 

 

TTL値の変更のやり方を教えてください。

申し訳ございませんが、各ドメイン管理会社様によってTTL値の変更方法が異なるため、弊社からはご案内が難しい次第です。

「TTL値の変更はどのようにして行えばよいか」という形でドメイン管理会社様へお問い合わせいただけますでしょうか。

 

 

 

Aレコードを変更する必要はありますか。

CYBERMAIL Σでは、Aレコードを使用しておりませんので、新たにAレコードを追加したり、既存のAレコードを変更いただく必要はございません。

Aレコードに現在使用していない古いサーバの情報が残っている場合は、削除されることをお勧めいたします。

 

 

 

ドメインの最後に「.」(ドット)を付ける必要はありますか。

「mg.cybermail.jp.」や「mgc.cybermail.jp.」の末尾のドットは必要です。

 

 

 

MXレコードに登録されている旧メールサーバの情報は残しておいたほうがいいですか。

MXレコードに優先度の異なるサーバを追加するのではなく、既存のMXレコードをMailGatesサーバ(mg.cybermail.jp/mgc.cybermail.jpなど)に書き換えてください。

旧メールサーバの情報は削除していただき、MXレコードが1つだけある状態にしていただくことを推奨いたします。

 

■推奨されない

ホスト名 TTL タイプ 設定値 優先度
example4.co.jp. 300 MX mg.cybermail.jp. 10
example4.co.jp. 300 MX old.example.co.jp. 20

 

■推奨される

ホスト名 TTL タイプ 設定値 優先度
example4.co.jp. 300 MX mg.cybermail.jp. 10

 

 

 

MXレコード切替作業が完了したのにも関わらず外部から送信されたメールを受信できません。

CYBERMAIL Σ・CYBERMAIL Σ ST をご利用のお客様におかれまして、MXレコード切り替え作業を行ったのにも関わらず、外部から送信されたメールをCYBERMAIL Σ・CYBERMAIL Σ ST にて受信できない場合、下記の設定がお済みかどうかご確認いただけますでしょうか。

MailGates > 管理者モード > メール配送先管理 > メール配送先設定

 

 

 

DNSサーバが変更になりました。CYBERMAIL Σ側で必要な作業はありますか。

お客様がご利用のDNSサーバ変更に伴い、CYBERMAIL Σ側で必要な作業は特にございません。
新しいDNSサーバ側で、MXレコードとTXTレコードを再登録してください。

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています