フィルタリング連携利用手順

本記事では、CYBERMAIL Σ のフィルタリング連携を利用する場合に必要な手順について説明しています。

  1. フィルタリング連携とは
  2. 対象のお客様
  3. ご利用開始までの流れ
  4. フィルタリング設定手順

 

 

 

フィルタリング連携とは

フィルタリング連携とは、CYBERMAIL Σ のフィルタリング機能により、条件を満たしたメールを受信した際に、CYBERCHATへ通知する機能です。
受信通知をするのみで、メール自体を転送するものではありません。

mceclip0.png

 

 

 

対象のお客様

  • CYBERMAIL Σ の CYBERCHAT オプションをご契約のお客様

 

 

 

ご利用開始までの流れ

  1. フィルタリング連携を利用されたい旨、本サポートシステムの[新規問い合わせを作成]よりご連絡ください。
    その際、通知用アカウントに割り当てるユーザレベル(CYBERCHATを有効にしているユーザレベル)もお知らせください。
    ※通知用アカウントとは、CYBERCHAT上の受信通知メッセージの送信者となる通知専
     用のアカウントです。
     フィルタリング連携とはのスクリーンショットの「cc_notification」のことです。

  2. 弊社にて通知用アカウント(※)を作成し、フィルタリング連携設定を行います。
    ※アカウントライセンスを無償でプラス1付与します。

  3. 弊社作業完了後、サポートシステムより「通知用アカウントID」をお知らせいたします。


    以上の手順により、フィルタリング連携機能をご利用いただけます。
    各ユーザ様にてフィルタリング設定を行ってください。

 

 

 

フィルタリング設定手順

  1. CYBERMAIL Σの環境設定 > メール処理 > フィルタリング へ移動し「条件追加」をクリックします。

  2. 通知対象のメールに合致する条件を設定し、「フィルタールールに一致した場合」に「CYBERCHATへ通知」を選択します。
    mceclip3.png

  3. 条件に合致するメールを受信すると、通知用アカウントから通知メッセージが送信されます。
    mceclip4.png

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています