お問い合わせ

メールが消えた

質問

削除した覚えのないメールが消えました。考えられる原因を教えてください。

 

 

回答

基本的にCYBERMAIL Σでは受信メールを自動的に削除することはございません。

CYBERMAIL Σでは以下の機能および操作によってメールが削除されます。
削除した覚えがなく受信していたメールが消えたと思われる場合、以下のいずれかに該当する可能性が考えられます。

  1. POPで削除
  2. IMAPで削除 ※ログ追跡不可
  3. 「メール回収」機能で削除
  4. 「ユーザ使用状況」機能で削除
  5. 不正ログイン(第三者による削除) ※ログ追跡不可
  6. ログアウト時のゴミ箱自動削除
  7. 容量不足時に自動的にゴミ箱を空にする
  8. ユーザの誤操作による削除 ※ログ追跡不可

 

※アーカイブオプションをご契約のお客様におかれましては、下記の手順にて削除済みの
 メールデータを復旧することが可能です。
 MailBaseから削除済みのメールを復旧する

※アーカイブオプション未契約の場合、完全削除したメールデータを復旧することはできません。

※お問合せいただく前に、分類表示BOXからの対象メールの絞り込みやゴミ箱の再チェックを
 お願いいたします。

※ログから追跡不可の操作もあるため、必ずしも原因特定には至らない場合もございます。

 

 

 

1. POPで削除

ユーザがメールクライアントを使用している場合、メールクライアント側の設定によりメールが削除されることがあります。以下の設定を有効にしていないかご確認ください。POPでメールを削除した記録はログに残るため、弊社へお問合せいただければログ調査も可能です。

(Office365/Outlook2016)
ファイル > アカウント設定 > アカウント設定 > 変更

mceclip0.png

 

(Outlook 2013)
ファイル > アカウント設定 > アカウント設定 > 変更 > 詳細設定

mceclip1.png

 

(Thunderbird)
このアカウントの設定を表示する > サーバー設定

mceclip2.png

 

 

 

2. IMAPで削除

ユーザがメールクライアントを使用している場合、メールクライアント側の操作によりメールが削除されることがあります。IMAPでメールを削除した記録はログに残らないため、追跡困難なことをご了承願います。

 

 

 

3. 「メール回収」機能で削除

「メール回収」とは管理者が特定ユーザの特定のメールを削除する機能です。管理者にてこの機能を使用したことがないかご確認ください。

管理者画面 > メール > メール管理 > メール回収

本機能によりメールが削除された場合、ログに記録が残りますので、弊社へお問合せいただければログ調査も可能です。

 

 

 

4. 「ユーザ使用状況」機能で削除

ユーザ使用状況」とは、管理者が特定ユーザの過去のメールを削除する機能です。
管理者にてこの機能を使用したことがないかご確認ください。

管理者画面 > アカウント > ユーザ使用状況

本機能によりメールが削除された場合、ログに記録が残りますので、弊社へお問合せいただければログ調査も可能です。

 

 

 

5. 不正ログイン(第三者による削除)

「ログイン記録」から、普段利用していない時間帯・IPからログインされた形跡がないかご確認ください。

ユーザ画面 > 環境設定 > ログイン関連 > ログイン記録
管理者画面 > アカウントリスト > (対象ユーザをクリック) > ログイン関連 > 全てのログイン記録

ログイン日時やアクセス元IPはログから追跡可能ですが、その後どのような操作を行ったかまでは追跡が難しいことをご了承願います。
※心当たりのないログイン記録がある場合は、パスワードを変更してください。

 

 

 

6. ログアウト時のゴミ箱自動削除

「ログアウト時のゴミ箱自動削除」とは、ログアウト時に過去のメールを削除する機能です。ゴミ箱のメールが消えていた場合は、以下の設定が「削除しない」以外に設定されていないかご確認ください。

環境設定 > 使用環境設定 > メール > ログアウト時のゴミ箱自動削除

本設定によりメールが削除された場合、ログに記録が残りますので、弊社へお問合せいただければログ調査も可能です。

 

 

 

7. 容量不足時に自動的にゴミ箱を空にする

「容量不足時に自動的にゴミ箱を空にする」とは、空き容量が2%以下の場合、ゴミ箱のメールを自動的に削除する機能です。該当ユーザのメールボックスに十分な空き容量があるかご確認ください。

管理者画面 > アカウント > ユーザレベル > 拡張機能 > 容量不足時に自動的にゴミ箱を空にする

本設定によりメールが削除された場合、ログに記録が残りますので、弊社へお問合せいただければログ調査も可能です。

 

 

 

8. ユーザの誤操作による削除

1~7のいずれにも該当しない場合、ユーザにて誤って削除した可能性が高いです。どのメールをいつ削除したかについては、ログに記録が残らないため追跡困難なことをご了承願います。

 

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています