グループ代表アカウントへの送信権限を設定する

質問

グループ代表アカウントへメールを送信してもよい送信者を制限することはできますか。

 

 

回答

以下の手順にて、グループ代表アカウントへの送信権限を設定できます。

  1. 管理者画面 > グループ へ移動し、対象のグループを選択します。

  2. メールデーモン > 送信リスト をクリックします。
    mceclip0.png

  3. 「送信リスト制限」と「送信元に権限がない場合」にて任意の権限を選択します。
    「送信元に権限がない場合」は「すべて」以外の選択した場合に表示されます。
    グループインポートにて複数グループの送信制限を一括設定することも可能です。

    各設定値の意味は以下の通りです。
    設定値 説明
    送信リスト制限 すべて 自ドメイン・外部ドメインのすべての送信者が該当のグループ代表アカウントへメールを送信できます。
    ドメインメンバー 自ドメインのアカウントすべてが該当のグループ代表アカウントへメールを送信できます。
    グループメンバー 該当のグループの「メンバー管理」に表示されているメンバーのみが該当のグループ代表アカウントへメールを送信できます。
    システムメンバー CYBERMAIL Σをご利用のすべてのアカウントが該当のグループ代表アカウントへメールを送信できます。
    登録メンバー 登録したメンバーのみが該当のグループ代表アカウントへメールを送信できます。
    送信元に権限がない場合 拒否 送信権限がないアカウントが該当のグループ代表アカウントへメールを送信した場合、送信元へリターンメールを返します。
    件名「Returned Mail: Permission Denied」
    保留 送信権限がないアカウントが該当のグループ代表アカウントへメールを送信した場合、メンバーにメールを転送しません。グループ代表アカウントのメールボックスのみにメールが保存されます。送信元へリターンメールは返しません。

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています