一斉送信メールを送信する際の留意点

質問

CYBERMAIL Σ(MAILGATES Σ)に向けて、外部システムから標的型攻撃メールを想定した一斉訓練メールを全社員に送信する予定です。
CYBERMAIL Σ(MAILGATES Σ)側で事前に留意すべき点はありますか。

 

 

回答

一斉送信メールを送信される場合、以下の点について事前にご確認ください。
可能でしたら、あらかじめ数人を対象としてテスト配送をお試しください。

  1. 上限値の確認
    メール送信制限・受信制限をご確認ください。

  2. MailGates・許可設定への登録
    一斉送信メールがスパム判定されたり、DoS攻撃とみなされシステム側でブロックされることを防ぐために、送信元IPまたは送信者アドレス(※)をMailGatesの許可設定へ登録してください。

    MailGates > 管理者モード > スパムメール管理 > 許可・拒否設定 > IPホワイトリスト
    MailGates > 管理者モード > スパムメール管理 > 許可・拒否設定 > 許可送信者

    ※送信者アドレスを許可送信者へ登録する場合、ヘッダFrom(contentsのFrom)ではなく、envelope-fromを登録してください。
    参考)フィルタリング条件「送信者(envelope-fromを含む)」と「送信者(contentsのFromのみ)」の違い

  3. MailGates・ソーシャルエンジニアリング保護ポリシーの無効化
    ソーシャルエンジニアリング保護ポリシーを有効にしている場合は、メール本文中のURLが書き換えられます。標的型攻撃の訓練メールを送信する場合など、本機能が訓練の結果に影響を及ぼす可能性がある場合は、無効化してください。
    MailGates > 管理者モード > 高度な脅威保護管理 > ソーシャルエンジニアリング保護ポリシー

  4. 暗号化ZIPメール機能の無効化
    ※MAILGATES Σ、Cloud Mail SECURITYSUITEご契約のお客様のみ
    暗号化ZIPメールを有効にしている場合は、一斉送信メールの添付ファイルにパスワードがついている場合に添付ファイルが隔離されます。隔離させたくない場合は、一時的に本機能を無効化してください。
    MailGates > 管理者モード > スパムメール管理 > メール処理 > 暗号化ZIPメール

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています