管理者画面

本記事では、管理者画面で可能な操作について説明しています。

  1. アカウント
  2. ファイル
  3. ルーム
  4. スタンプ
  5. お知らせ
  6. ドメイン設定

 

 

アカウント

アカウント

アカウント管理画面で可能な操作は以下の通りです。
※CYBERMAILΣとアカウント同期設定を行っている場合、CYBERMAILΣの設定が優先されます。

  • アカウントの一覧表示・検索
    mceclip0.png
  • 詳細情報の表示
    メールアドレスをクリックすると、以下の情報を確認できます。
    メールアドレス、ニックネーム、ドメイン、ユーザーレベル、管理者タイプ、管理ドメイン

  • 編集
    ユーザレベルを変更できます。CYBERMAILΣのユーザレベルとは別の設定です。
    mceclip1.png

 

 

ゲストアカウント

こちらをご参照ください。

 

 

ユーザレベル

レベル1、2、188が用意されており、それぞれのレベルにおいてユーザが使用できる機能のON/OFFを設定できます。
レベル1と2は一般アカウント用のレベルで、レベル188はゲストアカウント用のレベルです。
※ON/OFF 変更後、アカウントの再ログインが必要になります。

ON/OFF可能な機能は以下の通りです。

機能
グループ情報 ※
メンバーリスト ※
パブリックルーム ※
グループルーム作成 ※
ルームメッセージのエクスポート
ルームの非表示
ルーム退出
ファイルアップロード
ファイルダウンロード
テキストメッセージのみ表示
お知らせ参照
ゲストアカウントの招待 ※

※レベル188では設定できません。 

 

 

 

ファイル

ファイル管理画面で可能な操作は以下の通りです。

  • ファイル一覧表示・検索
    全ユーザの送信ファイル名を一覧表示・検索することができます。
    mceclip2.png
    カレンダーアイコンから日付範囲検索も可能です。
    mceclip3.png

 

 

 

ルーム

ルーム管理画面で可能な操作は以下の通りです。
※グループルームやパブリックルームの管理者をCYBERMAILΣ側で削除した場合、
ルーム管理者が存在しない状態となります。
ルーム管理者が存在しないルームはルーム一覧に表示されません。

  • グループルームとパブリックルームの一覧表示・検索
    mceclip1.png

  • グループルームの管理者変更
    管理オプションから変更できます。詳細はこちらをご参照ください。
    ※パブリックルームの管理者は変更できません。

  • 非表示/期限切れグループルームの復元・削除
    全メンバーが非表示にしたルームや有効期限が切れたルームを管理者側で復元または削除することができます。
    mceclip2.png

 

 

 

ドメイン設定

各設定の説明は以下の通りです。

  項目 説明
ゲストユーザー ゲストアカウント機能 ONにすると、グループルームのメンバーにゲストアカウントを招待することができます。
ゲストアカウントについてはこちらをご参照ください。
  有効期間

ゲストアカウントがCYBERCHATを利用できる有効期間を設定できます。

空欄:無期限
0:登録日のみ使用できます
最大 100 日まで設定可能です

・有効期間は登録日もしくは有効期限リセット日が起点となります。有効期間の変更日は起点となりません。

・有効期間を変更した場合、全ゲストアカウントの有効期間が変更されます。
各アカウントの有効期限はゲストアカウントの一覧画面にて確認できます。

・有効期限が切れたゲストアカウントは、ユーザレベルが187(一時停止ゲスト)に変更され、CYBERCHATにログインできなくなります。有効期限をリセットすることで、リセット日を起点として有効期限が延長されます。

ルーム Zoomミーティング ONにすると、Zoomミーティングを使用することができます。Zoomミーティングについてはこちらをご参照ください。
  ピン留めメッセージの上限数 1つのルームにピン留め可能なメッセージ数の上限を設定できます。
  メッセージのピン留ができるメンバー権限 メッセージのピン留ができるメンバーを設定できます。

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています