メールの作成

本記事ではメールの作成方法について説明しています。

  1. 新規メールの作成
  2. 返信・転送・回送メールの作成
  3. テンプレートメールの作成
  4. 予約送信メールの作成
  5. Fromアドレスを変更してメールを送信する

 

 

 

新規メールの作成

左メニューの[メール作成]をクリックすると、メール作成画面が開きます。
宛先・件名・本文を入力し「送信」ボタンをクリックすると、メールが送信されます。

mceclip0.png

 

添付ファイルのアップロード

添付ファイルは以下の2通りの方法でアップロードできます。

  • ドラッグ&ドロップ
  • 添付ボタンからファイルアップロード

メール作成画面上部にファイルをドロップすると、添付ファイルを追加できます。

mceclip2.png

 

 

宛先の設定

アドレス帳に登録済みのアドレスの場合、メールアドレスまたは表示名の一部を入力すると、宛先の候補が自動で表示されます。
※共有アドレス帳の場合は、管理者設定に依ります。

mceclip0.png

 

宛先欄左のTo/Cc/Bccをクリックすると、別ウィンドウでアドレス帳が開きます。

mceclip3.png

 

宛先に設定したいアドレスにチェックを入れ、[Toに追加]をクリックします。

mceclip4.png

 

宛先をドラッグ&ドロップでTo/Cc/Bccへ移動することができます。

mceclip5.png

 

 

 

返信・転送・回送メールの作成

対象メールを開いた状態で、上部メニュー[返信][全返信][転送]をクリックすると、返信メールや転送メール作成画面が開きます。
転送・回送・バッチ転送の違いについてはこちらをご参照ください。

mceclip2.png

 

 

 

テンプレートメールの作成

使用頻度の高い文面のメールについては、テンプレートとして保存しておくことで、使いまわしすることが可能です。

  1. 件名や本文を入力後、[新規テンプレート保存]をクリックします。
    mceclip4.png

  2. 任意のテンプレート名を入力し、「保存」をクリックします。
    mceclip6.png

  3. 次回以降、メール作成時に[テンプレート]から、対象テンプレートを選択すると、テンプレートメールの内容が反映されます。
    mceclip7.png

  4. テンプレートメールはフラグのついた状態で下書きフォルダに保存されます。
    誤って削除されないように、リードオンリーフラグを付けていただくことをお勧めします。
    mceclip8.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています