Google社・Yahoo社の受信厳格化に伴う対応について

先日、Google社・米国Yahoo社が2024年2月よりメール受信の厳格化を実施するとの発表がありました。本記事では、それに伴うお客様に必要な対応について説明いたします。

  1. 対象となるお客様
  2. 概要
  3. 送信者に求められる対応
  4. 各項目の必要な事項

 

 

 

対象となるお客様

 

 

 

概要

Google社・米国Yahoo社より詐欺メール撲滅のために、2024年2月からメール受信の厳格化を実施するという発表がありました。

NEW MINIMUM REQUIREMENTS FOR SENDING BULK MAIL TO GMAIL AND YAHOO

 

Google社の公開しているガイドラインは下記です。

Googleヘルプ:メール送信者のガイドライン

 

 

 

送信者に求められる対応

■弊社製品において対応済の項目

  1. Internet Message Format 標準(RFC 5322およびRFC5321)に準拠する形式でメールを送信する

 

弊社クラウド環境をご利用のお客様が必要な対応

  1. メールに利用しているドメインにSPF認証・DKIM認証・DMARC認証の対応を行う
  2. Postmaster Tools で報告される迷惑メール率を 0.3% 未満に維持する
  3. From:のドメインにgmailのなりすましは行わない
  4. メール転送を行う場合には、転送時にARCヘッダを付与する(準備中)

 

弊社オンプレミス製品をご利用のお客様が必要な対応

  1. メールに利用しているドメインにSPF認証・DKIM認証・DMARC認証の対応を行う
  2. メール送信元サーバのIPアドレスに有効な逆引きDNSレコードを登録する
  3. メール送信にはTLS接続を使用する
  4. Postmaster Tools で報告される迷惑メール率を 0.3% 未満に維持する
  5. From:のドメインにGmailのなりすましは行わない
  6. メール転送を行う場合には、転送時にARCヘッダを付与する(準備中)

 

ダイレクトメールを送信しているお客様が必要な対応

  1. ダイレクト メールを送信する場合、送信者の From: のドメインは、SPF ドメインまたは DKIM ドメインと一致している必要がある
  2. マーケティング目的のメールと配信登録されたメールは、ワンクリックでの登録解除に対応し、メッセージ本文に登録解除のリンクをわかりやすく表示する

 

 

 

各項目の必要な事項

弊社クラウド環境をご利用のお客様が必要な対応

①SPFレコード設定・DKIM署名設定・DMARCレコード設定を行う

メールを送信する場合に、対応する必要があります。
実際の設定は、下記を参照してください。

SPFレコードの設定

DKIM署名設定

 ※現在、DKIM署名設定が表示されていないお客様環境において、2023年12月18日より一定期間の間、設定可能となるように変更いたします。

※DKIM署名設定が表示されていないお客様環境においては、必要となる公開鍵の情報を既に弊社よりお渡ししております。

DMARCレコードの設定

 

 

②迷惑メールと判定されるようなメールを送らない

Google社のPostmaster Tools(外部リンク)にて、迷惑メール率を0.3%未満に維持する必要がございます。詳細はGoogle社のサイトを参照してください。

 

 

③From:のドメインにGmailのなりすましは行わない

送信するメールには自社のドメインを利用し、Google社含め他のドメインを騙ったメールを送信することは行わないでください。

 

 

④メール転送時に、ARCヘッダの付与をする(準備中)

弊社での本サービスの提供は2024年3月を予定しております。詳細につきましては、後日ご案内させていただきます。

 

クラウド環境をご利用のお客様の対応は以上です

ダイレクトメールを送信している場合は追加で対応が必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社オンプレミス製品をご利用のお客様が必要な対応

①SPFレコード設定・DKIM署名設定・DMARCレコード設定を行う

メールを送信する場合に、対応する必要があります。
ご利用の製品での対応可否は下記をご参考ください。

オンプレミス製品別 送信者認証機能

 

 

 

②メール送信元サーバの逆引きDNSレコードを登録する

送信に利用しているメールサーバのIPアドレスの逆引きレコード(PTRレコード)の登録を行います。
オンプレミス製品をご利用のお客様は対応が必要です。

DNS逆引き(PTR)レコードの登録について

 

 

③メール送信にはTLS接続を使用する

メールを送る際には、TLS接続が必要となります。TLS接続を利用することで、メール送信の経路が暗号化され、通信を盗み見られても解読には時間がかかります。管理者マニュアルをご確認ください。

 

 

④迷惑メールと判定されるようなメールを送らない

Google社のPostmaster Tools(外部リンク)にて、迷惑メール率を0.3%未満に維持する必要がございます。詳細はGoogle社のサイトを参照してください。

 

 

⑤From:のドメインにGmailのなりすましは行わない

送信するメールには自社のドメインを利用し、Google社含め他のドメインを騙ったメールを送信することは行わないでください。

 

 

⑥メール転送時に、ARCヘッダの付与を行う(準備中)

本機能はMailGates に搭載されます。

MailGates V6をご利用のお客様:本機能の提供は2024年5月を予定しております。オンプレミス製品をご利用のお客様はパッチの適用が必要になります。詳細につきましては、後日ご案内させていただきます。

MailGates V5をご利用のお客様:本機能の提供予定は現在未定です。

 

オンプレミス製品をご利用のお客様の対応は以上です

ダイレクトメールを送信している場合は追加で対応が必要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイレクトメールを送信しているお客様が必要な対応

①From:ヘッダのドメインが送信ドメイン認証(SPF/DKIM)のドメインと一致させる

ダイレクトメールについて、From:ヘッダのドメインをSPF認証/DKIM認証で設定したドメインと一致させる必要があります。

 

 

②ワンクリックで登録解除に対応する。また、登録解除リンクを分かりやすく表示する

マーケティング目的のメールと配信登録されたメール(オプトインメール)は、ワンクリックでの登録解除に対応する必要があります。弊社のメールシステムでは、当該機能を提供しておりませんので、ご承知ください。

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています