他社セキュリティサービスを上位に置く場合のサービス切替手順

本記事では、CYBERMAIL Σの上位に他社セキュリティサービスを置いてメールを受信する場合に必要な手順について説明しています。
MXレコードは他社セキュリティサービスに向けて運用されることを前提として記載しております。

  1. 事前準備
  2. 切替当日作業

 

mceclip0.png

 

 

 

事前準備

  1. CyberMailへのアカウント登録
  2. MailGatesのIPホワイトリストへ上位セキュリティサーバのIPを登録
  3. SPF認証・DKIM認証・DMARC認証を無効化
  4. SPFレコードの追加

※作業にあたり、ご不明な点がございましたら切替当日までにサポートにお問い合わせください。
 その際、想定される配送経路などの資料などございましたらご提供いただけますでしょうか。

通常の保守サポートは平日9:00~17:30までです。休日や夜間帯に電話待機やサポート対応を
 希望される場合は、有償作業として別途費用が必要です。
 費用については営業担当までご連絡ください。

 

 

CyberMailへのアカウント登録

切替までにCyberMailへのアカウント登録が完了していることをご確認ください。
アカウントが未登録の場合メールを受信できません。

 

 

 

MailGatesのIPホワイトリストへ上位セキュリティサーバのIPを登録

目的
MailGatesと上位セキュリティサーバの2か所でスパム判定することになりますと、どちらでスパム判定されたか判別が難しくなるため、MailGates側のスパム判定を無効化します。

 

設定箇所
MailGatesの管理者モード > スパムメール管理 > 許可・拒否設定 へ移動し、「IPホワイトリスト」に上位セキュリティサーバのIPを登録します。
IPホワイトリストに合致したメールはMailGatesでのスパム判定をスキップします。

mceclip1.png

 

 

 

SPF認証・DKIM認証・DMARC認証を無効化

目的
MailGatesから見た場合、受信するすべてのメールの送信元IPが他社セキュリティサーバのIP(SPFレコードで許可されていないIP)になります。そのため、正常なメールもSPF認証・DKIM認証・DMARC認証で拒否またはスパム判定されます。これを防ぐためにMailGatesのSPF認証・DKIM認証・DMARC認証を無効化します。

 

設定箇所
MailGatesの管理者モード > スパムメール管理 > フィルタリング設定 へ移動し、「SPF 認証」「DKIM認証」「DMARC 認証」を無効化します。

mceclip2.png

 

 

 

SPFレコードの追加

CYBERMAIL Σから送信されたメールが受信側でスパム判定されることを防ぐため、お客様ドメインのSPFレコードに、CYBERMAIL ΣのIPアドレスを追加していただくことを推奨いたします。
SPFレコードに追記すべき内容については、SPFレコードの設定をご参照ください。

 

 

 

 

切替当日作業

  1. 上位セキュリティサーバの配送先をMailGatesへ変更する
  2. 「自ドメイン許可設定」の削除
  3. メール配送先設定の変更

 

 

上位セキュリティサーバの配送先をMailGatesへ変更する

上位セキュリティサーバ側で、受信したメールをMailGatesへ配送するように設定変更します。

設定値 開通通知書の「MXレコード」に記載の値
例)mgc.cybermail.jp
  mg.cybermail.jp
設定箇所・設定方法 上位セキュリティサーバ側へご確認ください。

 

 

 

「自ドメイン許可設定」の削除

  1. MailGatesにadminでログインします。

  2. 管理者モード > スパムメール管理 > 許可・拒否設定 > 許可条件式 へ移動します。

  3. 「自ドメイン許可設定」を削除します。
    mceclip0.png
    ※本設定はCYBERMAIL Σの同一システム収容の他のお客様からご契約ドメイン宛にメールを送信した際に、MX切替前に意図しないスパム判定が発生することを回避するための初期設定です。

 

 

 

メール配送先設定の変更

  1. 開通通知書に記載の「メール配送先サーバー」の値を確認します。

  2. MailGatesにadminでログインします。

  3. 管理者モード > メール配送先管理 > メール配送先設定 へ移動します。

  4. メール配送先サーバをから1.で確認した値へ変更し、「保存」します。
    mceclip1.png

  5. 外部メールサーバからお客様ドメイン宛てにメールを送信し、他社セキュリティサービス経由でCYBERMAIL Σで受信できることをご確認ください。

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています