自動転送

本記事では、自動転送の設定方法と制限事項について説明しています。
自動転送とは、すべての受信メールを指定した宛先に自動で転送する機能です。

  1. 設定方法
  2. 制限事項

 

 

 

設定方法

ユーザが設定する場合

  1. 環境設定 > メール処理 > 自動転送 へ移動し「自動転送を有効にする」のチェックを有効にします。

  2. 転送先メールアドレスを入力します。
    「メールのコピーを残す」にチェックを入れると、転送設定を行ったアカウント自身のメールボックスにメールが残ります。チェックを入れない場合、転送先のメールボックスのみにメールが残ります。
    mceclip0.png

  3. 「OK」をクリックします。

 

 

管理者が設定する場合

  1. 管理者画面 > アカウント > アカウントリスト にて、転送設定を行いたいアカウントをクリックします。

  2. アカウント設定 > メール処理 > 自動転送 をクリックします。
    mceclip1.png

  3. 「自動転送を有効にする」にチェックを入れ、転送先メールアドレスを入力します。
    「メールのコピーを残す」にチェックを入れると、転送設定を行ったアカウント自身のメールボックスにメールが残ります。チェックを入れない場合、転送先のメールボックスのみにメールが残ります。

  4. 「OK」をクリックします。

 

 

 

制限事項

  • 転送先の上限は、5つまでです。上限値の変更はできません。
    6つ以上のアドレスに転送を行いたい場合は、グループ代表アカウントをご利用ください。
  • 管理者がユーザの自動転送を設定する場合、1ユーザずつの設定となります。複数ユーザに対して一括で転送設定を行うことはできません。

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています