お問い合わせ

Outlookの設定

本記事では、Outlookを使用してCYBERMAIL Σのメールを送受信する場合の設定方法について説明しています。

  1. Outlook2013の場合
  2. Outlook2016/Office365の場合

※メールクライアント側の仕様変更により本記事中のスクリーンショットが変更されている場合があります。

 

 

 

Outlook2013の場合

  1. 対象アカウントのユーザレベルでSMTPとPOP3またはIMAP4が有効になっていることを確認します。
    管理者画面 > アカウント > ユーザレベル > 全般 > アクセス制御
    mceclip0.png

  2. Outlookを起動し、[ファイル]-[アカウント情報]-[アカウントの追加]をクリックします。
    __.png

  3. 「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、[次へ]をクリックします。
    mceclip0.png

  4. 「POPまたはIMAP」を選択し、[次へ]をクリックします。
    mceclip1.png

  5. 必要事項を入力し、[詳細設定]をクリックします。
    mceclip2.png

    各項目の説明は以下の通りです。
    項目 設定値
    電子メールアドレス CYBERMAIL Σのメールアドレスを指定します。
    アカウントの種類 POP3またはIMAPを選択します。
    受信メールサーバー
    送信メールサーバー
    (SMTP)
    CYBERMAIL Σ へのアクセスURLを指定します。
    例)「https://example.cybermail.jp」の場合「example.cybermail.jp」を指定します。
    アカウント名 CYBERMAIL Σのメールアドレスを指定します。
    ※メールアドレスの形式で指定してください。
    ×admin
    〇admin@example.co.jp
    パスワード CYBERMAIL Σへログインするときと同じパスワードを指定してください。
  6. 詳細設定の[送信サーバー]タブで「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」のチェックを有効にします。
    mceclip3.png

  7. 詳細設定の[詳細設定]タブでポート番号と暗号化接続の種類を設定し、「OK」をクリックします。

    設定例)暗号化ありのIMAPの場合
    mceclip6.png

    設定例)暗号化ありのPOPの場合
    mceclip7.png

    各項目の説明は以下の通りです。
    項目 設定値(暗号化なし) 設定値(暗号化あり)
    受信サーバー:
    ポート番号
    POP  110
    IMAP   143
    POP  995
    IMAP   993
    ※POPの場合
    このサーバーは暗号化された接続 (SSL)が必要
    チェックなし チェックあり
    送信サーバー:
    ポート番号
    587 465
    使用する暗号化の種類 なし SSL
    ※POPの場合
    サーバーにメッセージのコピーを置く
    チェックを有効にすると、CYBERMAIL ΣのWebメール上にもメールが残ります。
    ※POPの場合
    サーバーから削除する
    POP受信したメールをCYBERMAIL Σサーバから削除する場合は適宜日数を指定してください。


  8. 5.の画面へ戻り、「次へ」をクリックします。受信テスト・送信テストが完了し、以下の画面が表示されると完了です。
    mceclip8.png

 

 

 

Outlook2016/Office365の場合

  1. 対象アカウントのユーザレベルでSMTPとPOP3またはIMAP4が有効になっていることを確認します。
    管理者画面 > アカウント > ユーザレベル > 全般 > アクセス制御
    mceclip1.png

  2. Outlookを起動し、[ファイル]-[アカウント情報]-[アカウントの追加]をクリックします。
    mceclip2.png

  3. CYBERMAIL Σのメールアドレスを入力し、「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れ「接続」をクリックします。
    mceclip13.png

  4. 「POP」または「IMAP」を選択します。
    mceclip6.png

  5. 必要事項を入力し、「次へ」をクリックします。
    設定例)暗号化ありのIMAPの場合
    mceclip10.png

    設定例)暗号化ありのPOPの場合
    mceclip8.png

    各項目の説明は以下の通りです。
      項目 設定値
    (暗号化なしの場合)
    設定値
    (暗号化ありの場合)
    受信メール サーバー CYBERMAIL ΣへのアクセスURLを指定します。
    例)「https://example.cybermail.jp」の場合「example.cybermail.jp」を指定します。
    ポート POP  110
    IMAP   143
    POP  995
    IMAP   993
    このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックなし チェックあり
    送信メール サーバー CYBERMAIL ΣへのアクセスURLを指定します。
    例)「https://example.cybermail.jp」の場合「example.cybermail.jp」を指定します。
    ポート 587 465
    暗号化方法 なし SSL/TLS
    ※「セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要」のチェックは外してください。

  6. CYBERMAIL Σへログインする時と同じパスワードを入力し「接続」をクリックします。
    mceclip11.png

  7. 「アカウントが正常に追加されました」が表示されると完了です。
    mceclip12.png

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています