「SPF 認証失敗」が表示されスパム判定される

質問

正常なメールがスパム判定され受信できませんでした。MailGatesの[ログ閲覧]-[受信ログ] のフィルタ結果をみると「SPF 認証失敗」が表示されています。原因と対処方法を教えてください。

mceclip0.png

 

 

回答

「SPF 認証失敗」は、送信元ドメインのSPFレコードで許可されていないIPから送信されたメールであることを示します。

例えば、example.co.jp のSPFレコードが以下の場合、送信元IP(1.1.1.1/24)以外から送信されたメールをMailGatesでは「SPF 認証失敗」として判定します。

example.co.jp. 3468 IN TXT "v=spf1 +ip4:1.1.1.1/24 -all"

 

対処方法としては、以下いずれかの方法をご検討ください。

  1. 送信元ドメインのSPFレコードを修正していただく
  2. MailGatesの許可送信者や許可条件式に該当メールに合致する条件を登録していただく

 

1. 送信元ドメインのSPFレコードを修正していただく

送信側での作業となります。「SPF 認証失敗」と表示されたメールの送信元IPを正常なIPアドレスとしてSPFレコードに追記していただくようご依頼ください。
送信元IPは、「受信ログ」の「配信結果 / 送信元IP」欄に表示されています。

mceclip2.png

 

 

 

2. MailGatesの許可送信者や許可条件式に該当メールに合致する条件を登録していただく

管理者モード > スパムメール管理 > 許可・拒否設定 へ移動し、「IPホワイトリスト」「許可送信者」「許可条件式」のいずれかに「SPF 認証失敗」と表示されたメールに合致する条件を登録します。
許可設定に合致したメールは、SPF認証に失敗しても正常メールとして受信します。

設定例)

mceclip3.png

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています