【同一ドメイン】障害時の配送先切替手順

本記事では、Microsoft 365 または Google WorkSpace にて障害が発生した際に、EMERGENCYMAIL (以下「EM365」と称する)側で実施していただく、メール配送先の切替手順について説明しています。

  1. メール配送先切替手順
  2. メール配送先切り戻し手順
  3. メール配送先切替後の動作

 

 

メール配送先切替手順

Microsoft 365 / Google WorkSpaceサービスにて障害が発生した際に、下記手順にてメール配送先をEM365に切替えます。

  1. EM365のMailGates へ管理者アカウントでログインします。
    https://mgh.cybermail.jp

  2. メール配送先管理 > メール配送先設定 へ移動します。
    mceclip0.png

  3. 「メール配送先サーバ」を「EMERGENCY_MAIL」に変更して「保存」します。
    mceclip1.png

 

 

 

メール配送先切り戻し手順

Microsoft 365 / Google WorkSpace サービスが復旧した際に、下記の手順にてメール配送先を Microsoft 365 / Google WorkSpace に切り戻します。

  1. EM365のMailGates へ管理者アカウントでログインします。
    https://mgh.cybermail.jp

  2. メール配送先管理 > メール配送先設定 へ移動します。
    mceclip2.png

  3. 「メール配送先サーバ」をお客様の元のメールサーバに変更して「保存」します。
    mceclip4.png

 

 

 

メール配送先切替後の動作

配送先を切り替えることで、Microsoft 365 / Google WorkSpace 宛てのメールをEM365のCyberMailにて確認することができます。
障害発生中に、CyberMail にて受信したメールは、障害復旧後にMicrosoft 365 / Google WorkSpace へ転送することが可能です。(※別途お申込みが必要です。)

 

mceclip1.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています