メール無害化・除外設定

本記事では、無害化転送の「除外設定」について以下の内容を説明しています。

  1. 除外設定とは
  2. 除外設定を追加
  3. 除外設定を削除
  4. 除外設定インポート
  5. 除外設定エクスポート

 

 

除外設定とは

送信者メールアドレス、あるいは受信者メールアドレスを条件に、無害化転送を除外できます。
除外設定に該当した場合、無害化転送機能によるメール転送は行われません。

 

 

除外設定を追加

  1. CYBERMAIL Σ ST にログインし、管理者画面 > モジュール > 無害化転送 > 除外設定(送信者)、または除外設定(受信者) へ移動します。

  2. 送信者あるいは受信者の欄に除外対象メールアドレスを入力し、登録ボタンを押します。mceclip1.png

 

 

除外設定を削除

  1. CYBERMAIL Σ ST にログインし、管理者画面 > モジュール > 無害化転送 > 除外設定(送信者)、または除外設定(受信者) へ移動します。
  2. 削除したいメールアドレスの左のチェックボックスを入れて、削除ボタンを押します。
    mceclip3.png

  3. 選択した送信者(または受信者)を削除しますか?とポップアップでOKを押します。mceclip4.png

 

 

除外設定インポート

  1. CYBERMAIL Σ ST にログインし、管理者画面 > モジュール > 無害化転送 > 除外設定(送信者)、または除外設定(受信者) へ移動し、インポートボタンを選択します。mceclip6.png

  2. インポート用テキストファイルを作成します。
    フォーマット:対象メールアドレスを1行につき1アドレス記載

  3. 参照ボタンより手順2のテキストファイルを指定し、インポートボタンを押します。

 

 

除外設定エクスポート

  1. CYBERMAIL Σ ST にログインし、管理者画面 > モジュール > 無害化転送 > 除外設定(送信者)、または除外設定(受信者) へ移動し、エクスポートボタンを選択します。

  2. ドメイン名.csvでエクスポート可能です。

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています