お問い合わせ

ZIP暗号化設定例

本記事には、要件別のZIP暗号化設定例を記載しています。
ZIP暗号化の機能概要については、「「ZIP暗号化」機能について」をご参照ください。

  1. 外部ドメイン宛てに送信されるすべてのメールをZIP暗号化する
  2. 件名が特定の文字列から始まるメールのみZIP暗号化する
  3. 特定の送信者から送信されたメールをZIP暗号化の対象外にする
  4. 件名が特定の文字列から始まるメールをZIP暗号化の対象外にする
  5. 暗号化されていないファイルのみZIP暗号化する

※3~5を設定するためには「誤送信対策&審査」オプションのご契約が必要です。

 

 

外部ドメイン宛てに送信されるすべてのメールをZIP暗号化する

  1. 管理者モード > 暗号化 > ZIP 暗号化 へ移動し、「ZIP 暗号化設定」を「有効」にします。
    ※この時点で暗号化は行われません。
    mceclip1.png

  2. 「特定の送信者・受信者のメールアドレス」にチェックを入れ、「送信者メールアドレス」に以下の内容を入力します。
    *@お客様ドメイン
    ZIP暗号化せずに送信したい宛先がある場合は、「受信者メールアドレス(暗号化しない)」へ該当のアドレスを入力します。

    下記例では、@cyber-demo.cybercloud.jp から外部ドメイン宛てに送信される添付ファイル付きのメールがZIP暗号化されます。ただし、user@example.co.jp 宛てと@example2.co.jp 宛てのメールは暗号化されません。
    mceclip2.png
    必要に応じて、「暗号化ファイル名」「ファイル拡張子」「パスワード長範囲」「パスワード通知先」を変更し「保存」をクリックします。これらはドメイン全体の設定です。
    mceclip1.png

 

 

 

件名が特定の文字列から始まるメールのみZIP暗号化する

  1. 管理者モード > 暗号化 > ZIP 暗号化 へ移動し、「ZIP 暗号化設定」を「有効」にします。
    ※この時点で暗号化は行われません。
    mceclip1.png

  2. 「特定文字列が件名の最初に一致する」にチェックを入れ、任意の文字列を入力します。
    下記例では、件名が[enc]から始まる外部ドメイン宛ての添付ファイルつきメールがZIP暗号化されます。
    受信者には件名の[enc]は外された状態で届きます。
    mceclip3.png
    必要に応じて、「暗号化ファイル名」「ファイル拡張子」「パスワード長範囲」「パスワード通知先」を変更し「保存」をクリックします。これらはドメイン全体の設定です。
    mceclip0.png

 

 

 

特定の送信者から送信されたメールをZIP暗号化の対象外にする

左メニューの「ZIP 暗号化設定」では、送信者メールアドレスによるZIP暗号化の除外はできないため、メール審査を使用します。

※参考)ZIP暗号化送信した添付ファイルのファイル名が文字化けする
※メール審査を使用した場合、パスワードの文字数やファイル拡張子の変更はできません。

  1. 左メニューの「ZIP 暗号化設定」を無効化します。
    mceclip5.png

  2. 管理者モード > 審査ルール設定 > ドメイン単位審査 へ移動し、「追加」をクリックします。
    mceclip6.png

  3. 1つ目のルール(暗号化除外)を作成します。
    下記例では、user0001とuser0002から送信されたメールがZIP暗号化の対象外となります。
    mceclip0.png
  4. 2つ目のルール(除外アドレス以外は暗号化送信する)を作成します。
    mceclip9.png
  5. 審査ルール一覧画面にて「暗号化しない」ルールを「暗号化する」ルールより上位に配置します。※審査ルールは上から順に処理されます。
    ※審査ルールの順序はドラッグ&ドロップで変更可能です。
    mceclip13.png

 

 

 

件名が特定の文字列から始まるメールをZIP暗号化の対象外にする

左メニューの「ZIP 暗号化設定」では、件名文字列によるZIP暗号化の除外はできないため、メール審査を使用します。

※参考)ZIP暗号化送信した添付ファイルのファイル名が文字化けする
※メール審査を使用した場合、パスワードの文字数やファイル拡張子の変更はできません。

  1. 左メニューの「ZIP 暗号化設定」を無効化します。
    mceclip5.png

  2. 管理者モード > 審査ルール設定 > ドメイン単位審査 へ移動し、「追加」をクリックします。
    mceclip6.png

  3. 1つ目のルール(暗号化除外)を作成します。
    mceclip14.png
  4. 2つ目のルール(除外アドレス以外は暗号化送信する)を作成します。
    mceclip9.png
  5. 審査ルール一覧画面にて「暗号化しない」ルールを「暗号化する」ルールより上位に配置します。※審査ルールは上から順に処理されます。
    ※審査ルールの順序はドラッグ&ドロップで変更可能です。
    mceclip13.png

 

 

 

暗号化されていないファイルのみZIP暗号化する

左メニューの「ZIP 暗号化設定」では、添付ファイルが暗号化されているか、暗号化されていないか判別することはできないため、メール審査を使用します。

※参考)ZIP暗号化送信した添付ファイルのファイル名が文字化けする
※メール審査を使用した場合、パスワードの文字数やファイル拡張子の変更はできません。

  1.  左メニューの「ZIP 暗号化設定」を無効化します。
    mceclip5.png

  2. 管理者モード > 審査ルール設定 > ドメイン単位審査 へ移動し、「追加」をクリックします。
    mceclip6.png

  3. 審査ルールを作成します。
    下記例では、暗号化されていない添付ファイルが送信された場合に、ZIP暗号化して送信されます。
    ※「暗号化添付ファイル」の審査対象は doc,docx,xls,xlsx,ppt,pptx,pdf,zip,rar,7z のファイルのみです。上記以外のファイルは、パスワードが設定されていても暗号化送信されます。
    mceclip15.png

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています