添付ファイル分離

本記事では「添付ファイル分離」機能の概要と設定方法について説明しています。
具体的な設定例につきましては、「添付ファイル分離設定例」をご参照ください。

  1. 対象のお客様
  2. 添付ファイル分離とは
  3. 制限事項
  4. 設定方法
  5. 設定後の動作
  6. 設定説明

 

 

 

対象のお客様

  • CYBERMAIL Σ のオプション「添付ファイル暗号化・分離」をご契約のお客様
  • MAILGATES Σ のオプション「添付ファイル暗号化・分離」をご契約のお客様
  • Cloud Mail SECURITYSUITE 下記プランをご契約のお客様
    Lite / Compact / Basic / Standard / Premium
    送信対策 / 送受信対策 / ビジネス / エンタープライズ
  • 損保セキュアメールをご契約のお客様

 

 

 

添付ファイル分離(添付ファイルリンク)とは

添付ファイル分離とは添付ファイル付きのメールを送信した場合に、添付ファイルをMailGates上に保存し、受信者には添付ファイルダウンロード用のリンクを送信する機能です。

件名の最初の文字列や送受信者のアドレスで添付ファイル分離の条件を設定します。
「誤送信対策&審査機能」オプションの審査機能をご契約いただいてる場合は、より細かな条件を設定することが可能です。具体的な設定例につきましては、「添付ファイル分離設定例」をご参照ください。

 

 

 

制限事項

  • CYBERMAIL Σにおいては、お客様ドメイン同士で送受信したメールはMailGatesを経由しないため、添付ファイル分離機能の対象外です。
  • 添付ファイル分離配送したメールの文言は変更できません。
  • パスワード通知メールの文面は変更できません。
  • 受信側のアクセス制限等により、ダウンロード用リンクへアクセスできない場合がございます。対処方法等につきましては、こちらをご参照ください。
  • MailGatesはスマートフォンでのご利用には対応しておりません。
  • メールヘッダーの"Content-Disposition: attachment;"行の有無にて添付ファイル付きメールかどうかを判断しています。該当の行が存在しない場合は、添付ファイル分離機能の対象外です。

 

 

 

設定方法

  1. 管理者アカウントでMailGatesにログインします。

  2. 管理者モード > 送信機能管理 > 添付ファイル分離 > 添付ファイル分離設定 にて「添付ファイル分離設定」を「有効」に変更し、適宜条件を設定します。具体的な設定例につきましては、「添付ファイル分離設定例」をご参照ください。

  3. 「保存」をクリックします。以降送信されるメールについて、設定が適用されます。

 

 

設定後の動作

  1. 設定した添付リンクの条件に合致する添付ファイル付きメールを送信します。

  2. 添付ファイルが外され、添付ファイルダウンロード用リンクが記載されたメールが届きます。
    ___.png
    ※「以下のURLをクリックすることにより~」などのテンプレート文言の変更はできません。

  3. 「ダウンロードページ」のリンクをクリックすると、以下の画面に遷移します。パスワードを入力することで、添付ファイルをダウンロードすることができます。
    mceclip2.png

 

 

ダウンロード停止方法

送信済みの添付ファイルは、送信側でダウンロード停止することができます。

  1. 送信者のアカウントでMailGatesにログインします。

  2. ユーザモード > 送信機能管理 > 添付ファイル分離 > 配送記録 へ移動します。

  3. 対象メールの「ダウンロードを停止」ボタンをクリックします。
    ___.png

    ダウンロード停止後は、受信側でダウンロードリンクにアクセスすると、以下のメッセージが表示されます。
    mceclip3.png
  4. ユーザ自身ではなく、ドメイン管理者が代理で停止を行いたい場合は、「ユーザ切替」を用いて送信者のユーザ画面から停止してください。

 

 

設定説明

 

添付ファイル分離設定

無効か有効を選択します。


条件設定
mceclip0.png

添付リンク条件はチェックボックスで複数選択可能です。複数のそれぞれの条件は、ひとつでも合致すると添付ファイル分離送信します。
ただし、受信メール(添付リンク除外アドレス)の一覧に登録がある場合は、他のどの条件に合致していても添付ファイル分離送信は行いません。

 

設定値 説明
特定文字列がメールヘッダーと一致する 送信メールのメールヘッダーに設定した項目と値が存在する場合に添付ファイル分離送信します。
特定文字列が件名の最初に一致する 送信メールの件名の先頭に特定の文字列がある場合に添付ファイル分離送信します。
特定の送信者・受信者のメールアドレス

送信メールの送信者が送信者メールアドレス一覧に登録されているか、受信者が受信者メールアドレス一覧に登録されているか、いずれかの場合に添付ファイル分離送信します。

メールサイズ

指定したメールサイズ以上の場合に添付ファイル分離送信します。


受信者メールアドレス設定時、「同一メールに複数受信者が含まれていた場合」が無効の場合、
同一のメールに「受信者メールアドレス」欄に設定されているアドレスの他にも
宛先が含まれる場合にそのアドレスに対しても暗号化・分離を行います。
有効な場合は「受信者メールアドレス」欄に設定されているアドレスに対してのみ暗号化・分離を行います。

 

通知設定

設定値 説明
添付ファイル分離送信通知 添付ファイル分離した旨を送信者へ通知します。
パスワード通知先 添付ファイル分離画面へのログイン時に必要なパスワード通知先を「送信者」、「受信者」、「送受信者」から選択します。
ダウンロード通知 ダウンロード通知を送信者へ送信するタイミングを「ダウンロー
ドされる度に通知」、「各ファイルが最初にダウンロードされた時に通知」、「いずれかのファイルが最初にダウンロードされた時に通知」から選択します。

 

暗号化方式

認証コード形式

添付ファイルをメールから分離して送信します。受信者は、メールに追加されるリンクからMailGatesにアクセスして「認証コードを発行」を選択します。有効期限内に認証コードによる認証を行い、ファイルのダウンロードができます。

 

ランダムパスワード方式

添付ファイルをメールから分離して送信します。受信者は、メールに追加されるリンクからMailGatesにアクセスしてパスワードを利用した認証を行い、ファイルのダウンロードができます。パスワードは受信者、送信者、送受信者に送信することができます。

 

パスワード無し方式
添付ファイルをメールから分離して送信します。受信者は、メールに追加されるリンクからMailGatesにアクセスしてファイルのダウンロードができます。

 

パスワード規則

設定値

説明
英小文字 (a - z) チェックを入れた場合に使用されます。
英大文字 (A - Z) チェックを入れた場合に使用されます。
数字 (0 - 9) チェックを入れた場合に使用されます。
記号 (~`!@#$%^&*()_+{}|:"<>?-=[]\;',./)
チェックを入れた場合に使用されます。
最小の長さ パスワード最小の長さです。
最大の長さ パスワード最大の長さです。

 

ダウンロード期間設定
ダウンロード可能な期間を指定します。

 

URLパートの表示位置

受信者へ送信される添付リンク通知にて、ファイルダウンロード用のURL パートを表示する位置を「最上部」「最下部」から指定します。

 

電子署名付きメールは書き換えない

有効にした場合、電子署名されたメールに対して添付ファイル分離処理を行いません。
これにより、メールの署名が損なわれなくなります。

 

 

 

 

  

ご不明な点がございましたら、新規問い合わせを作成してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています